奇跡の上がり3ホール!「引退覚悟」の上田桃子が熊本のリベンジ成功! | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

  • 期間:2017年05月19日-05月21日、
  • 場所:中京ゴルフ倶楽部 石野コース(愛知県)

奇跡の上がり3ホール!「引退覚悟」の上田桃子が熊本のリベンジ成功!

2017年05月21日17時07分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 上田桃子 -16
2 テレサ・ルー -14
3 川岸史果 -13
4 渡邉彩香 -12
  堀琴音 -12
6 宮里藍 -11
  ぺ・ヒギョン -11
  笠りつ子 -11
  岡山絵里 -11
10 吉田弓美子 -10

順位の続きを見る

最終ホールをバーディで締めてこのガッツポーズ!

最終ホールをバーディで締めてこのガッツポーズ!(撮影:上山敬太)

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日◇21日◇中京ゴルフクラブ石野コース(6,401ヤード・パー72)>

悪夢を払拭する歓喜の優勝だ。地元で行われた「KKT杯バンテリンレディス」では自滅のV逸で涙に暮れた上田桃子が、奇跡の連続で2014年11月以来のツアー通算12勝目を飾った。

桃子の涙…歓喜の瞬間をLIVEフォトで振り返る

2位スタートの上田が序盤から飛ばした。1番から3番まで連続バーディ。前日まで苦しんだ距離のバーディパットを沈め続けた。「1番から3番まで2メートルのバーディパットで、この距離を試されている!」と、1ピン以内の距離をことごとくねじ込み、一気に首位に立った。

その後はチャンスを決めきれない状況も、10番でチップインバーディ。11番、12番でも短いバーディチャンスを外したが、「勝負は15番以降だと思っていた」と、サンデーバックナインに警戒を強めた。ところがその15番でボギー。暗雲立ちこめたかに見えたが、ここから桃子の奇跡が始まる。

16番のティショットは大きく左に曲がるも、岩に当たりフェアウェイに戻った。ここをバーディとすると、17番では大ピンチ。「フェアウェイから少し軽めに打とうと思った」セカンドショットが、右のラフに外れ、運悪く木の根っこが混じる最悪のライ。ここからのアプローチを大きくオーバーさせたが、執念のパーセーブ。1打差の単独首位のまま18番に入った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!