渡邉彩香、レクシーと再戦も“80”と大叩き…「不安が出てしまった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

渡邉彩香、レクシーと再戦も“80”と大叩き…「不安が出てしまった」

2017年05月04日19時31分

渡邉彩香は“80”の大乱調で下位スタート、リベンジへの望みをつなげられるか

渡邉彩香は“80”の大乱調で下位スタート、リベンジへの望みをつなげられるか(撮影:米山聡明)

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇4日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>

2017年国内メジャー第1戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の初日。国内女子ツアーの初日最多ギャラリーを更新した(13,097人)この日、最注目組は昨年大会の最終日最終組と同じ3人、ディフェンディングチャンピオンのレクシー・トンプソン(米国)、イ・ボミ(韓国)、渡邉彩香だった。ボミが2アンダー4位タイ、トンプソンが2オーバー30位タイとまずまずの出だしとなったのと対照的に、渡邉は8オーバー110位タイと大きく出遅れた。

昨年は2位フィニッシュ、リベンジに意気込んでいたが…

「不安があった。100%の自信はなく、仕上がっていなかったので…ショット、パットともに悪かったけど(特に)パッティングでリズムを作れずにショットにも影響して…」と1バーディ・5ボギー・2ダブルボギー"80"の乱調。

「ここまでスコアを崩すほどショットの内容は悪くないのですが…アイアンを修正して、パッティングで勝負出来るチャンスにたくさん置かないといけないですね」と、巻き返しに臨む気持ちを語るも、表情は曇ったままだった。

昨年は2打届かずの2位フィニッシュに溢れんばかりの涙。大きな悔しさを味わった大会だけに、このまま低空飛行で終わるわけにはいかない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!