松山英樹、初見のコースを警戒も「明日は“倍”の集中力で」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ

  • 期間:2017年04月27日-04月30日、
  • 場所:TPCルイジアナ(ルイジアナ)

松山英樹、初見のコースを警戒も「明日は“倍”の集中力で」

2017年04月27日07時21分

松山、頼りになる先輩とタッグで頂点を目指す(写真はマスターズ)(撮影:GettyImages)

チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 事前情報◇26日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>

「コースは狭いし、難しいし、楽しみって言えなくなってきましたね」。米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」開幕を翌日に控え、谷原秀人とのチームで出場する松山英樹はプロアマ後のインタビューでコースへの警戒感を口にした。

松山&谷原コンビの強力なライバル!メダリストコンビ

松山が今大会に出場するのは初めてのこと。もちろん、戦いの舞台となるTPCルイジアナをラウンドするのも初めてだ。「曲げられないという感じのホールが多くて、ロングも、ミドルも、ショートもティショットが大事になる」とコースを分析。また、「今日も風が強かったけど、週末はさらに強くなるみたい…」と強風への対応も大きなカギとなりそうだ。

しかし、好材料なのはダブルス戦という珍しいフォーマット。同じ東北福祉大出身の先輩である谷原は気心の知れた仲ということもあり、「リラックスしてプレーできる」と笑顔をのぞかせた。「いろんな強いペアがいるけど、注目はボクたち。いや、注目は谷原さんですよ」と冗談っぽく笑ったが、それも谷原に対する信頼の現れだろう。

ただ、コース戦略については「何も決めてない」とのこと。今大会では初日と3日目がフォアサム方式(1つのボールを交互に打つ)でのプレーで、ティショットを打つ選手を決められるが、「ふたりとも“どっちでもいい”って言っているんですよ。だから、明日の朝、じゃんけんで決めるんじゃないかな?」と話した。風など、目まぐるしく状況が変わるコースだけに、その時々で対応する構えなのかもしれない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!