47位の松山英樹、会心イーグル後に失速「もったいなかった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ファーマーズ・インシュランス・オープン

  • 期間:2017年01月26日-01月29日、
  • 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア)

47位の松山英樹、会心イーグル後に失速「もったいなかった」

2017年01月27日10時16分

難しいサウスを1アンダーで回った松山 明日はノースコースを回る

難しいサウスを1アンダーで回った松山 明日はノースコースを回る(撮影:岩本芳弘)

ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇26日◇トリーパインズGC(サウスコース7,698ヤード、ノースコース7,258ヤード・共にパー72)>

サウスコースをラウンドした松山英樹は1イーグル・2バーディ・3ボギーの“71”、1アンダーの47位タイで初日を終えた。6番、9番とバーディ、後半13番ではイーグルといずれもパー5でスコアを伸ばすも、終盤3ボギーを叩いて失速。「午前中はパターは入らなかったけど良いプレーができていた。後半になってショットが乱れたときになかなか踏ん張れなかった」と唇をかんだ。

タイガー・ウッズが帰ってきた!熱狂のフォトギャラリー

2アンダーとして迎えた13番パー5では、約236ヤードを1.5メートルにつけてイーグルを奪って一気に4アンダーとして上位に顔を出した。厳しい松山も「良いイーグルが獲れた」と評価した1打で勢いづくかと思われたが、終盤に苦しんだ。14番はセカンドをバンカーに入れるもパーをセーブしたが、15番ではティショットを右に曲げてボギー。16番パー3でもグリーン左ラフに入れたティショットをリカバリーできず連続ボギーとした。

最終18番パー5は3打目でピン右4メートルにつけるも、惜しいバーディパットから返しを外してボギーフィニッシュ。「返しはミスパット。ミスが最後に出てしまったのでもったいなかった。きょうはグリーンもソフトでスパイクマークも多かったので、そういうとこらへんで難しかった」。気まぐれなコロがりをするポワナ芝のグリーンにも手を焼いた。

明日はスコアの出やすいノースコースを回る。「ノースのほうがスコアが出ている印象があるので、あしたはやっぱりスコアを伸ばさないといけないと思う。自分がもっと良い状態でプレーできればスコアはついてくると思う。それに向けてしっかり調整したい」と語って気持ちを切り替えた。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!