賞金王へ!池田勇太がレコードタイで首位 V争いへ先輩を「連れていく」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

カシオワールドオープン

  • 期間:2016年11月24日-11月27日、
  • 場所:Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)

賞金王へ!池田勇太がレコードタイで首位 V争いへ先輩を「連れていく」

2016年11月25日18時10分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -8
2 正岡竜二 -7
  B・ケネディ -7
4 片岡大育 -6
5 薗田峻輔 -5
6 松村道央 -4
  李京勲 -4
  山下和宏 -4
  小田孔明 -4
  高山忠洋 -4

順位の続きを見る

コースレコードタイ!池田勇太が賞金王へフルスロットル

コースレコードタイ!池田勇太が賞金王へフルスロットル(撮影:岩本芳弘)

カシオワールドオープン 2日目◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

今週での賞金王決定が現実味を帯びてきた。賞金ランク2位の谷原秀人が11位タイ以下に終わった上で優勝すれば、自身初の賞金王が決まる池田勇太はこの日9バーディ・1ボギーの“64”でコースレコードタイをマーク。トータル8アンダー単独首位に浮上して2日間を終えた。谷原秀人はトータル1アンダーの29位タイにとどまっており、このままの順位でいけば最終戦を待たずに賞金王が確定する。

残すは2戦!国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!

5番からの3連続バーディなどで4つスコアを伸ばして迎えたハーフターン。リーダーボードのトップにある名前が目に飛び込んできた。トータル7アンダーですでにホールアウトしていた正岡竜二は大学の2学年上の先輩ながら、池田が面倒を見ているという表現がしっくりくるだろうか。10番のスタートを待つインターバルで正岡と会話を交わし「7アンダーまでは行こうと思っていた」と同組ラウンドを目指してさらに勢いづいた。

バックナインは10番でバーディを奪うと、15番、16番と連続バーディでついに目標とした7アンダーに到達。17番ではティショットがフェアウェイバンカーのアゴについてグリーンオンに3打を要したが、6メートルほどのパットをねじ込んでパーセーブ。最終18番パー5でのバーディにつなげて見せた。

正岡から刺激を受けることは「ないです!」と言い切ったが、沖縄出身のどこかのんびりした性格に「ホッとすることもある」という。ただ、正岡はシード圏外から逆転を狙う立場とあって、「シード落ちしたら金輪際付き合わないと言っている」と先輩の現状がもどかしい池田流の激励をしたばかりだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!