魔の18番でまたも涙…池田勇太、惜敗に「情けないです」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

トップ杯東海クラシック

  • 期間:2016年09月29日-10月02日、
  • 場所:三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)

魔の18番でまたも涙…池田勇太、惜敗に「情けないです」

2016年10月02日22時25分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 片岡大育 -16
2 池田勇太 -15
3 谷原秀人 -14
4 川村昌弘 -10
  武藤俊憲 -10
  宮里優作 -10
7 亀代順哉 -9
  藤本佳則 -9
9 手嶋多一 -8
  姜庚男 -8

順位の続きを見る

18番ホールまで拮抗するも…またも女神は池田勇太に微笑まなかった(撮影:鈴木祥)

18番ホールまで拮抗するも…またも女神は池田勇太に微笑まなかった(撮影:鈴木祥)

トップ杯東海クラシック 最終日◇2日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>

 2008年大会は武藤俊憲、09年は石川遼とのPOに敗れ、昨年は2打差でキム・ヒョンソン(韓国)に後れをとった。3度のチャンスをものにできず、悔しい思いをしてきた池田勇太。前日には「勝ちたい気持ちが強い」と積年の想いを語っていた。しかし、18番ホールに落とし穴が待っていた。

昨年はキム・ヒョンソンに競り負けた池田 

 首位タイを並走する片岡大育との勝負は、共に16アンダーで最終ホールで決着を見た。池田の1打目は大きく右に曲がり深いラフへ。レイアップには成功したものの、アプローチをショートさせ3オン・2パットのボギーを叩き、パーパットを沈めた片岡に軍配。因縁の三好の地で、またも勝利は池田の手をすり抜けていった。
 
 2008年・09年は共に池ポチャで勝利を逃し、今年も18番に巣食う魔物に打ち勝つことはできず。「情けないです…」そう言葉を絞り出すのがやっとだった。節目となるツアー通算15勝目がかかっていただけに、胸中に渦巻く悔しさは計り知れない。

 あまりにも大きな1勝を逃した池田勇太だが、リオ五輪後初勝利、今季2勝目を手にするため、また前を向かなくてはならない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

日本女子オープン 撮れたてLIVEフォトギャラリーはこちら
国内女子ツアー公式戦「日本女子オープン」。撮れたてフォトを現地から生配信!
日本女子オープン 組み合わせ&スタート時間
国内女子ツアー公式戦「日本女子オープン」。組み合わせ&スタート時間はこちらでチェック!
ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「山陽新聞レディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!