【辻にぃ見聞】イ・ボミのバースデー優勝を決定づけた“縦の精度” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

【辻にぃ見聞】イ・ボミのバースデー優勝を決定づけた“縦の精度”

2016年08月23日13時03分

ウェッジなら自分の落としたいキャリーから2歩以内に打ってくる精度

 

ウェッジなら自分の落としたいキャリーから2歩以内に打ってくる精度(撮影:米山聡明)

イ・ボミの28歳バースデー優勝で幕を閉じた『CAT Ladies2016』最終日。前半で一時独走状態になるも、後半の失速で全美貞(韓国)、大江香織とトータル9アンダーで並びプレーオフにもつれこんだ。流れ的には苦しいかと思われたが、プレーオフ1ホール目(18番パー5)であっさりとバーディを奪取。劣勢かと思われた場面での“貫録勝ち”について、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が『深層』を語った。

【関連】笑顔で今季4つ目のカップを掲げるイ・ボミ

■ 3日間のあいだに“的確に効く”修正ができる本当の強さ

 「ウェッジでピンを狙う際の“縦の精度”はツアーNO.1。自分の落としたいキャリーから2歩以内で打ってくる精度。賞金ランク上位者に共通することではありますが、普段の練習でも10ヤード刻みの精度に特にこだわっている。短いクラブは縦距離の精度、長いクラブはラインを出す精度。これが彼女のショット力の理由です」(辻村氏)

 プレーオフは532ヤードのパー5を使って行われた。距離面でも、打ち上げのホールロケーション面でも2オンが難しく、3打目の勝負となる。この時点でショートゲーム巧者であるイ・ボミに流れは傾いたのかもしれない。実際、イ・ボミは3打目を残り120〜130ヤードにおき、ピン真横1mにぴたりとつけた。『プレーオフに入ってからは“30分だけ”集中しようと思った』と優勝会見で語ったように、イ・ボミは勝負どころで集中力を高めて、完璧に縦の距離感をあわせてきたのだ。

 今大会のボミは3日間を通してスイングが定まっていたわけではなかった。バックスイング時のトップの位置が定まらず、毎日違う感覚でプレーをしていたという。だが、『最終日は“右ヒジが締まってトップに入る”ことだけを意識していました』と、自身の状態を鑑みて対処できる修正力がプレーオフのスーパーショットに繋がった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!