塚田陽亮、「効きました」ツアー初優勝に導いた梅原キャディの一言 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills

  • 期間:2016年06月02日-06月05日、
  • 場所:宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(茨城県)

塚田陽亮、「効きました」ツアー初優勝に導いた梅原キャディの一言

2016年06月05日18時22分

多くの名選手を支えた梅原キャディとツアー初勝利をつかんだ塚田陽亮

多くの名選手を支えた梅原キャディとツアー初勝利をつかんだ塚田陽亮(撮影:上山敬太)

日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 最終日◇5日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(7,384ヤード・パー71)>

 3日間終えて首位はトータル1アンダーアンダーパーが2人という状況でスタートした「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」最終日。今年のツアープレーヤーNO.1に輝いたのは、7バーディ・2ボギーの“66”と爆発した塚田陽亮だった。

世界の青木も絶賛した塚田の17番ホール

 トータル3オーバー・12位タイ、最終組から4つ前からスタートした塚田は、いきなりのチップインパー発進。流れをつかむと2番で1つのバーディを奪って、続く3番ではチップインバーディ。5番でのバーディでトータルイーブンとし、優勝戦線に顔を出した。

 その後は1つ落とし前半9ホールを終えた時点でトータル1オーバー。首位とは3打差でのバックナインとなったが、塚田は気持ちを切り替えていた。「8番でボギーを打って、ブスっとしていたのですが、キャディの梅原(敦)さんから“そんな顔をしているやつを神様は見ないよ”と言われて…その一言が効きました」。

 気合いを入れなおした塚田は後半11番、13番で2つ伸ばしてトータル1アンダーと優勝戦線に復帰。その間に谷原秀人ハン・ジュンゴン(韓国)といった上位勢がスコアを落とし、単独首位で勝負の17番を迎える。完璧なティショットから113ヤードのセカンドを約1.5mにチャンスにつけ、バーディ。最終18番も2打目がピン方向に木がかかる状況となったが、「逃げる気持ちがあれば自分を苦しめることになる」と左から巻いていくフェードで2オン。トータル2アンダーのトーナメントリーダーでホールアウトし、後続の結果を待った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!