レクシー・トンプソン、日本のメジャーコースをパワーで制圧 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

レクシー・トンプソン、日本のメジャーコースをパワーで制圧

2016年05月07日18時50分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 レキシー・トンプソン -13
2 渡邉彩香 -8
  イ・ボミ -8
4 藤田さいき -5
  飯島茜 -5
  吉田弓美子 -5
  カン・スーヨン -5
8 キム・ハヌル -4
  ぺ・ヒギョン -4
  菊地絵理香 -4

順位の続きを見る

2位に5打差!独走態勢に入ったL・トンプソン

2位に5打差!独走態勢に入ったL・トンプソン(撮影:福田文平)

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>

 世界ランク3位はやはり伊達じゃない。首位と1打差の2位タイから出たレクシー・トンプソン(米国)が7バーディ・ノーボギーでトーナメントコースレコードタイの“65”をマーク。スコアを7つ伸ばしトータル13アンダー、2位に5打差をつけて単独首位に立った。

【関連写真】前夜祭で魅せたレクシーのドレス姿!

 メジャーの難セッティングも全く苦にしなかった。「時差ボケも良くなってきて、日本の時間に合わせられるようになった」と体調は日を追うごとに良くなり、それと同調してゴルフの調子も上向きに。飛距離と安定性をかねそろえたドライバーショットを放つと、セカンドショットは短い番手で上からボールをつぶすように打ち込むパンチショットでピンを刺し、チャンスを量産。そして今年の「ANAインスピレーション」から使い始めた『キュアパター』で次々にバーディパットを沈めた。

 今週の水曜日はパッティング練習に時間を費やし、パターに入っていたウェイトを取り外すなど念入りに調整を重ねた。その結果、このコースにグリーンに対し「自信を持って」臨めるようになったという。

 この日のプレーを採点すると「98点」。−2点は18番パー5でバーディを逃したことによる減点だという。もし獲っていれば記録更新だったが、「コースレコードのことは知らなかったので(笑)とにかくバーディを逃したのが悔しかったわ」と白い歯を見せた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!