失意のシーズン最後で復活優勝を!2打差から逆転を狙うウッズ | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ウィンダム選手権

  • 期間:2015年08月20日-08月23日、
  • 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ)

失意のシーズン最後で復活優勝を!2打差から逆転を狙うウッズ

2015年08月23日10時01分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 ジェイソン・ゴア -15
2 J・ブリクスト -13
  S・ブラウン -13
  T・ウッズ -13
5 P・ケーシー -12
  J・ハーマン -12
  C・パーシー -12
  W・シンプソン -12
  B・スネデカー -12
10 B・ハース -11

順位の続きを見る

首位と2打差から奇跡の優勝を見せることができるか(Photo by Kevin C. Cox Getty Images)

首位と2打差から奇跡の優勝を見せることができるか(Photo by Kevin C. Cox Getty Images)

セッジフィールド・カントリークラブを舞台に開催されているレギュラーシーズン最終戦『ウィンダム選手権』3日目。プレーオフ進出へ今大会優勝しかないタイガー・ウッズ(米国)は“64・65”で予選ラウンドを首位で通過。逆転へ向け絶好のスタートを切り、決勝ラウンドを迎えた。

【関連】米国男子ツアー フォトギャラリー

 2日間同様、60台半ばで上がり、差を広げたい3日目。1番で幸先よくバーディを奪うと5番でも奪取し、前半で2つスコアを伸ばしてハーフターン。16番パー3でティショットを3メートルにつけチャンスを沈め、トータル14アンダーに。先に15アンダーで上がっていたジェイソン・ゴア(米国)に追いつくためにももうひとつ伸ばしたい上がり2ホールだったが、最終18番パー4では3パットで“痛い”ボギー。3バーディ・1ボギーでのホールアウトとなった。

 この日は“68”と予選ラウンドの勢いは見えなかったが、首位を2打差と絶好の位置であることに変わりはない。優勝か、それ以外か、と目標がはっきりしているだけに、最終日は攻めの姿勢を貫くだけと考えれば、首位よりも2打差・2位からの逆転狙いが功を奏すかもしれない。

 失意のシーズンとなっている2015年。レギュラーシーズン最終戦はウッズにとって思い出深い大会として記憶されることとなるだろうか。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!