石川遼が“勝つため”に下した決断とは? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

  • 期間:2014年07月03日-07月06日、
  • 場所:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)

石川遼が“勝つため”に下した決断とは?

2014年07月02日19時26分

約1ヶ月という長いオープンウィークでスイングを徹底的に磨く(撮影:米山聡明)

長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 事前情報◇2日◇ザ・ノースカントリーGC(7,050ヤード・パー71)>

 3日(木)に開幕する国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」に出場する石川遼。プロアマ大会に出場した2日(水)には今後のツアー参戦予定などが明かされたが、石川の次戦は意外にも8月7日(木)に開幕する米国男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」。その間、約1ヶ月ものオープンウィークが設定されたことになる。

石川遼と松山英樹の歩みをフォトギャラリーでチェック!

 石川は先週26日(木)に帰国。そのまま北海道入りして合宿を張り、今日まで精力的に練習を重ねてきた。その主な内容はドライビングレンジでの打球練習。石川によれば、「新しいことに取り組むのではなく、今持っているスイングの良いものをいかに高い精度で出すか」を念頭に置いた練習で、朝の9時30分から夜の19時まで、徹底した打ち込みを行っているという。

 この合宿は大会後も継続する予定であり、そのために約1ヶ月という長いオープンウィークが設定されたのだ。しかし、シードを確定させたといっても、8月半ばにレギュラーシーズンの終わる米国男子ツアーにおいて、今はシーズン終盤の重要な時期。そんな時期にも関わらず、長期合宿の決断を下した石川の真意は何なのか?

 石川によれば、今季の米国男子ツアーを約半年戦ってくるの中で、「スイングがバラバラになりつつある」と感じていたという。好調なショートゲームで悪いショットをカバーして予選通過を果たしてはいたが、それは“その場しのぎのプレー”にすぎず、石川いわく「スケールの小さいゴルフ」。目標とする米ツアー優勝にはほど遠いものだった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!