初タッグの名参謀も後押し 佐藤心結は地元での初Vへ“1mの隙間”を切り開く | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

資生堂レディス

  • 期間:2022年06月30日-07月03日、
  • 場所:戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)

初タッグの名参謀も後押し 佐藤心結は地元での初Vへ“1mの隙間”を切り開く

2022年07月03日08時00分

ルーキー・佐藤心結が地元で躍動 清水重憲キャディとともに初優勝へ

ルーキー・佐藤心結が地元で躍動 清水重憲キャディとともに初優勝へ(撮影:米山聡明)

資生堂レディスオープン 3日目◇2日◇戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)◇6570ヤード・パー72>

地元・神奈川で初優勝のチャンスがやってきた。ルーキー・佐藤心結(みゆ)が3日目にトータル8アンダーまで伸ばして、首位と3打差の5位タイに浮上した。

“飛ばしの心結” ドライバースイングを連続写真で見る

苦しい状況をしのいで優勝戦線に踏みとどまった。2つ伸ばして迎えた11番パー3でグリーン左奥に外して「(球を)上げないと寄らない」というアプローチが残ったが、58度のウェッジを開いて使い、パーをセーブ。だが、ピンチは続く。12番パー4では左の林に打ち込んでしまう。目の前には低い木。その前には2本の木が立ちふさがって、グリーンまでの隙間は1メートルほどしかない。

残りは110ヤード、何とかエッジまで乗せたいという状況。「行くしかない」。それでも迷いはあったが、今大会が初めてのタッグとなる清水重憲キャディも「大丈夫」と背中を押した。覚悟を決めたショットは、狙い通り目の前の木を越えた。さらに2本の木の間を抜けると、手前9メートルにオン。2パットでしのいで、ボギーフリーで駆け抜けた。

ここまで来られたのは名参謀の力も大きい。「(清水キャディに)ついていけるのか、不安だったり緊張していた部分もあったんですけど、ラウンドを重ねるごとに、毎日が勉強というか。考え方だったり、自分がマネジメントしているつもりでも、さらにその上を清水さんがいっている。すごく助けられています」と大きな支えとなっている。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら出場 全英女子のリーダーボード
海外女子メジャー「AIG女子オープン」(全英)のリーダーボード。
欧州からお届け! 海外女子メジャーのフォトギャラリー
現地の様子はライブフォトギャラリーでチェック!
渋野日向子の一打速報はこちら!
渋野日向子の全ショット詳細を“一打速報”でチェック!
国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!