ルールに則った正しい行為! ネットを騒がせた稲見萌寧のグリーン上での出来事 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ルールに則った正しい行為! ネットを騒がせた稲見萌寧のグリーン上での出来事

2022年05月08日08時00分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 山下美夢有 -11
2 青木瀬令奈 -5
  安田祐香 -5
4 稲見萌寧 -4
5 勝みなみ -3
  竹内美雪 -3
7 岡山絵里 -1
  大里桃子 -1
  林菜乃子 -1
  後藤未有 -1

順位の続きを見る

ルールを熟知していたがゆえにそう思った人も多かったかも

ルールを熟知していたがゆえにそう思った人も多かったかも(撮影:佐々木啓)

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップレディス 3日目◇7日◇茨城GC西C(茨城県)◇6680ヤード・パー72>

国内メジャー大会「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」3日目、ある選手のプレーでの行為がネットで話題となり、物議をかもした。

ラインを読む稲見萌寧

そのシーンは稲見萌寧の5番ホールのグリーン上でのこと。一度マークしてあった位置にボールを戻してマークを拾い上げる。そして素振りを行っていたが、突然素振りをやめると、ボールに触れて位置を少し動かして、その後動かしたボールにマークをした。これがペナルティなのではないかという声が上がった。

このことについて日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)に確認すると、今大会の競技委員長・門川恭子氏はこのように回答した。「これは正しい行為です。2019年にルールが変更になり、一度マークされたボールが動いてしまった場合、元の場所にリプレースしなければならなくなりました」。

稲見が素振りを行っている最中にボールが動いてしまい、稲見はすぐ横にいたキャディと確認して“動いた”と確認。そのため規則13.1d(※)に則り、無罰で元の場所にリプレースした。この際、元の場所、または動いてしまった場所にマークをする必要はない。そして稲見は元の場所にボールを戻すと、つぎはアライメントを合わせるためにマークをした。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!