パーオン率70%越えが25人!? 『アイアン用軽量シャフト』の進化によるショット力の向上【ギア豆知識】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

パーオン率70%越えが25人!? 『アイアン用軽量シャフト』の進化によるショット力の向上【ギア豆知識】

2022年01月28日11時30分

パーオン率のタイトルを2季連続で獲得した稲見萌寧は、4回中3回はパーオンに成功している

 

パーオン率のタイトルを2季連続で獲得した稲見萌寧は、4回中3回はパーオンに成功している(撮影:GettyImages)

昨シーズンの国内女子ツアーは、コロナ禍の影響で2020年と21年が統合され、異例のロングシーズンとなった。そのため、平均スコアやバーディ率といったスタッツの数字は、より個人の実力を反映したものになっていると考えることができる。

賞金女王・稲見萌寧のアイアンショット【連続写真】

今回注目したいのは、女子プロの「パーオン率」だ。パーオン率は、パーの打数から2を引いた打数以内でグリーンに乗る確率を示している。ここで高い数字を残すには、ティショットの安定感も関わってはくるが、何よりアイアンショットの精度が大きく影響する。つまり、簡易的に選手のアイアンの上手さが推し量れる指標と言えるわけだ。

そんな中で、2020-21年シーズンのパーオン率1位に輝いたのは賞金女王の稲見萌寧で、75.77%という数字を残している。45試合に出場して、プレーした全ホールの4分の3以上でパーオンに成功していることになり、そのショット力の高さがうかがえる。

さらにランキングを見ていくと、稲見を含む総勢25人もの女子プロがパーオン率70%以上をマークしていた。ほんの数年前、2015年シーズンのスタッツで、パーオン率70%以上を記録したのは、このタイトルを獲得したイ・ボミを含めてわずか6人だったことを考えると、この数字の伸びは驚異的だ。

実は女子プロのパーオン率、つまりアイアンの技術が大きくレベルアップした背景には、ギアの進化が深く関わっている。特に100グラム以下のアイアン用軽量シャフトの進化によって、女子プロのパワーでも高く止まるボールが打ちやすくなったことは、パーオン率の向上に大きく影響しているだろう。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!