身長151cmで240y超え! 田中瑞希は“クロス素振り”で下半身リードをマスター【ゴルフの飛距離アップ】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

身長151cmで240y超え! 田中瑞希は“クロス素振り”で下半身リードをマスター【ゴルフの飛距離アップ】

2021年03月03日15時03分

右手はグリップを握らずに、右手と左手の甲を合わせて、短く切った9番アイアンで素振りする

 

右手はグリップを握らずに、右手と左手の甲を合わせて、短く切った9番アイアンで素振りする(撮影:鈴木祥)

渋野日向子らと同じ98年生まれの田中瑞希は、昨年のツアー開幕戦「アース・モンダミンカップ」では優勝争いのすえに3位タイに入り、一気に知名度を上げた。田中といえば、サンバイザーとお団子ヘアがトレードマーク。身長151センチと小柄ながら、ドライバーでは平均240ヤード以上飛ばすパンチ力を持っている。なぜ小さな体でそんなに飛ばせるのだろうか?

“お団子ヘア”の小柄な大砲 田中瑞希のドライバーショット【連続写真】

田中は19年からシャフトを短く切った9番アイアンでの素振りを練習に取り入れている。短いクラブを使うのは、クラブの軌道ではなく、体の動きに意識を集中するため。しかも右手はクラブを握らず、右手の甲を左手の甲にくっつけて、両腕をクロスした状態で振っていく。実はここに飛距離アップと方向性を両立させる秘密が隠されている。

「右手と左手を交差させるのは、下半身リードを体に覚え込ませるのが目的です」。田中のスイングを見てみると、下半身をダイナミックに使って、大きく振っていることがわかる。ますますこの練習法の意味が気になってきた。

「バックスイングでは右手で左手を押しながら上げていくと、トップまでスムーズに上体を捻転できます。手先で上げることができないので、トップでの手元の位置も適正になるんです」。手打ちになる人は、利き手の右手を使いすぎて、余計な動きが入りがち。この素振りでは体の回転で上げていく感覚になるので、トップでクラブが暴れなくなる。

トップでは下半身の意識も大事になる。「右のお尻に張りを感じられれば、右股関節の上にしっかり上体が乗せられている証拠です」。

おすすめコンテンツ

現地直送! 2021年国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
KKT杯バンテリンレディス 最終結果
2021年の第7戦! 兵庫決戦の成績表をチェック!
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
Dr.カタオカのゴルフ実験室
女子プロのクラブ調整を手がけてきたDr.カタオカが、自宅できるお手軽なゴルフクラブのお手入れ法を伝授。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!