“失格や罰打を撲滅” プロキャディがルール勉強会実施、19年改正ルールのおさらいも | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

“失格や罰打を撲滅” プロキャディがルール勉強会実施、19年改正ルールのおさらいも

2021年01月28日15時00分

パソコンの前でルールの勉強をする代表理事の森本真祐さん

 

パソコンの前でルールの勉強をする代表理事の森本真祐さん

『未来を担うプロキャディとゴルフ界の発展に貢献するため、プロキャディの普及、育成、地位向上などを目的』として発足した、一般社団法人日本プロキャディー協会(代表理事:森本真祐)が27日(水)、リモートによるルールの勉強会を行った。勉強会には、日本ゴルフ協会(JGA)から講師を招いて、スライドなどを使って間違えやすいルールなどについて講義が行われた。

安田祐香が晴れ着に着替えたら【写真】

2019年1月にルールが大幅に改正されてから2年。プロのツアーでもたびたびルールに関する問題が起きているが、最近ではこの改正にともなうものが増えている。ゴルフはプレーヤー本人が審判。間違った認識で誤った処置をしてしまえばペナルティが科され、ときには競技失格という処分も免れない。

プレーヤー個々人のルールに対する意識が高ければ防げるミスもあれば、複雑だからこそ“勘違い”や“うっかり”というケースでプレーヤーにとって不利な裁定が下されることもある。そんなときに、プレーヤーの味方となってアドバイスできるのがキャディ。そんな理由で今回の勉強会が立ち上がった。プロキャディという立場から、プレーヤーを手助けをするためだ。代表理事の森本さんはこう話す。

「キャディはロープ内で唯一の選手の味方ですので、ルールに精通していたほうがいいと思っています。ルールの間違った処置をしてペナルティを受けるのはもったいないですし、ルールに沿ってプレーヤーが有利に進められることもあります」

プロのツアーを見ていると、処置について確認するために競技委員を呼ぶシーンがテレビにも映し出されることがある。これは、毎度ルールの認識が甘いから呼ぶわけではない。中には、プレーヤーにとって有利に働く裁定があるかもしれないとの思いから、競技委員に裁定を委ねることもある。

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場 WGCのリーダーボード
世界トップクラスが集う「WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション」に松山英樹、稲森佑貴が出場。スコア速報をチェック!
畑岡奈紗ら出場 米女子ツアーのリーダーボード
米国女子ツアー「ゲインブリッジLPGA」に畑岡奈紗、野村敏京が出場。スコア速報をチェック!
小平智が出場 「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
WGCの“裏大会”に小平智が出場! スコアはこちらでチェック!
【80切りレッスン】アイアンの状況別に備える
80を切るなら、アイアンのパーオン率を上げて、悪くてもパー、あわよくばバーディで上がりたい!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!