石川遼は難コースの悪ライを警戒 新投入の58度は機能するか | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

全米プロゴルフ選手権

  • 期間:2020年08月06日-08月09日、
  • 場所:TPC ハーディング・パーク(カリフォルニア州)

石川遼は難コースの悪ライを警戒 新投入の58度は機能するか

2020年08月06日11時23分

投入した58度のSWで悪ライ対策

全米プロゴルフ選手権 事前情報◇5日◇TPC ハーディング・パーク(米国カリフォルニア州)◇7234ヤード・パー70>

昨年日本ツアーで3勝を挙げた石川遼は、久々の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」にどう挑むのか。試合がなかった中、スポット出場でも通用するのか。7234ヤードのパー70はロングヒッター有利と見られるが、18歳の時に「プレジデンツカップ」で回った記憶を振り返り、「あの時はすごく地面が硬かったけど、今回のフェアウェイは少し軟らかい」と、入念なコースチェクを経て違いを口にする。

石川遼の超最新ドライバースイング【写真】

飛距離アップで話題のブライソン・デシャンボー(米国)にも言及。「見ました。一緒に回ったことのある4、5年前より4、50ヤード伸びてるんじゃないですかね。デシャンボーは飛距離で多少ラフに入ってもいいから“まず飛ばす”みたいな感じに見えて、このコースをどうプレーするのか気になりますが、自分は自分のプランで」と、コース攻略法を探る。

火曜日までに「コース内で出来る練習をガッと思い切りやった」結果、特にラフを警戒。「どこでも練習できないラフの深さなので」と、悪ライ対策を繰り返したが、そのラフはかなりまばらな状態にあり、止まる場所は運の要素も大きいとか。そのため「グリーン周りで悪いライの時にどう打つか?をとりあえず試しまくった」と、リカバリーにも当然重点を置く。

久しぶりの海外試合では、なかなか替えることのなかったウェッジにも変化が見られ、58度に『JAWS』のプロトタイプを新投入。ここ数年間はPW-50度-58度を固定し、ロフト差のある3本でタテ距離を打ち分けてきたが、試合のない期間に最善を追求。先月から3番アイアンとピッチングウェッジを抜き、47度-52度-56度-58度の4本ウェッジを『ゴルフパートナーエキシビション』から試している。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!