渡邉彩香の復活劇で思い出した、イ・ボミの言葉【現場記者の“こぼれ話”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

資生堂 アネッサ レディスオープン※開催中止

  • 期間:2020年07月02日-07月05日、
  • 場所:戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)

渡邉彩香の復活劇で思い出した、イ・ボミの言葉【現場記者の“こぼれ話”】

2020年07月05日11時30分

スイングは比較できないと話したイ・ボミ(撮影:佐々木啓)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界各国で中止が余儀なくされているゴルフトーナメント。国内女子ツアーは「アース・モンダミンカップ」で開幕することができたが、次戦の見通しは立っていない。そんな状況のなか、少しでもツアーに思いを馳せてもらおうとツアー取材担当が見た選手の意外な素顔や強さの秘訣、思い出の取材などを紹介。今回は1年前のイ・ボミのとある言葉を紹介する。

日本に来たのは10年前 参戦当初のあどけないイ・ボミ【フォトギャラリー】

国内女子ツアー開幕戦となった「アース・モンダミンカップ」で優勝したのは渡邉彩香プロでした。とりわけ目立ったのが、持ち味である豪快なショットが復活したことです。そんなショットについて優勝会見で聞かれたとき、渡邉プロが「スイングを1から見直して、直しました」と話す姿を見たときに、1年前のイ・ボミプロのある言葉を思い出しました。

それは「資生堂 アネッサ レディス」3日目を終えたときのこと。ボミプロはこの大会で2年ぶりにトップ5に入り、後にシード復活を果たすのですが、このときは7位タイ。まだ予断は許さない状況でした。そんなときに記者から「昔のスイングを100%だとしたら、今はどのくらいですか?」という質問を受けました。すると、こう返すのです。

「いいときのスイングと今のスイングは違うので、比べられないです」

スイングを悪くしようとして、変える人はいません。今よりも良くしようとどこかを変える。最初は微調整かもしれない。でも、そこからさらに直そうと微調整を繰り返していくうちに、悪くなることもままある。だからといって、いいときに戻そうとしても…、ゲームのように「はい、リセット」とはなりません。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼が出場 「全米プロ」の組み合わせ
松山英樹、石川遼が出場する海外メジャー「全米プロ」の組み合わせはこちら
河本結が出場 「マラソン・クラシック」のリーダーボード
河本結が出場する米女子ツアー再開第2戦「マラソン・クラシック」のリーダーボード
松山英樹、石川遼が出場 「全米プロ」の特設ページ
松山英樹、石川遼が出場する海外メジャー「全米プロ」の特設ページはこちら!
【全米プロ】石川遼の一打速報でプレー詳細をチェック!
久々にやります! 「全米プロ」での石川遼のプレーを一打速報でチェック。
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
締めは渋野日向子!AIG女子OPの動画がカッコいい
AIG女子オープンのプロモーション動画が完成。渋野日向子Vの感動がよみがえる!
河本結とティモンディが…超異色対談!?【動画付き】
河本結が人気お笑い芸人のティモンディと“超”異色対談! 全5回の動画を丸ごとチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!