1ラウンドを6分割 “ミニ目標”を作る考え方【プロキャディからの助け舟】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

1ラウンドを6分割 “ミニ目標”を作る考え方【プロキャディからの助け舟】

2020年05月28日12時00分

ジェイソン・イッズ氏が教える“切り替え術”

 

ジェイソン・イッズ氏が教える“切り替え術”(撮影:村上航)

トーナメント会場にいる関係者のなかで、一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているのがプロキャディ。そして唯一ラウンド中にプロにアドバイスを送れる存在でもある。そんなプロキャディだからこそ、我々アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を知っているのではないか。今回は河本結や小祝さくらなどとタッグを組んできたジェイソン・イッズ氏。

ういういしい!「日本ジュニア」の河本結【写真】

■河本結の強みは切り替えの早さ マネをするなら“ミニ目標”を
男女ツアーともに様々なプロとタッグを組んできたイッズ氏。その中でも特に“ゴルフ脳”が抜きん出ていると挙げたのが河本結だ。2019年「アクサレディス」でレギュラーツアー初優勝、今季は予選会を勝ち上がり米国女子ツアーを主戦場としている。

「河本選手はゴルフの考え方が天才的。プレーの組み立て方もそうですし、テクニックやスイングについても複雑なところまで詳しく分かっていると思います。ショットや球のイメージがキレイに見えるから、判断もプレーも速いんです。だからこそ、悪いショットの後の切り替えも速い」。基本的に悩む時間が少ないという河本。誰でも調子や相性の悪いホールはあるが、アマチュアがそこから悪い流れを断ち切るためにはどうしたらいいのだろうか。

自身のスイングやプレーについて熟知しているプロならば、修正点が明確なら“次にチャンスがある”と切り替えられる。アマチュアがすぐに実践できるのは、ラウンドの考え方だ。「18ホールを、6回の短いラウンドに分けて考えるといいと思います。例えば、“18ホールで100を切りたい”と目標を作ると、スタートからボギー・ダブルボギーと続いたら焦って流れが崩れてしまう。それを3ホールごとに区切って、“3ホールで3オーバー”のようにミニ目標を作っていくと、自然と切り替えができるようになります」。

■フルショットで打ち続けるのはNG 練習は「4:6」の配分で
そして、河本を含む上位の選手が徹底しているというのが、時間管理の徹底。ラウンド前後の練習では、自身のルーティーンに沿って決められた時間の中で効率よく練習を行っているという。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!