<中間速報>ペ・ソンウが単独首位 鈴木愛は12Hで7アンダーの猛追、渋野日向子は5打差 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

大王製紙エリエールレディスオープン

  • 期間:2019年11月21日-11月24日、
  • 場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)

<中間速報>ペ・ソンウが単独首位 鈴木愛は12Hで7アンダーの猛追、渋野日向子は5打差

2019年11月22日13時06分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 ペ・ソンウ -11
2 森田遥 -10
  高橋彩華 -10
4 イ・ミニョン -9
5 申ジエ -8
  鈴木愛 -8
  岡山絵里 -8
  古江彩佳 -8
9 テレサ・ルー -7
  福田真未 -7

順位の続きを見る

ペ・ソンウが単独首位に浮上

ペ・ソンウが単独首位に浮上(撮影:上山敬太)

大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇22日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>

大詰めを迎えている国内女子ツアーは「大王製紙エリエールレディス」2日目の競技が進行中。全選手が前半のプレーを終えて、この日だけで6つスコアを伸ばしているペ・ソンウ(韓国)がトータル11アンダーで単独トップに立っている。

黒髪が新鮮な香妻琴乃さん【大会写真】

2打差の2位に古江彩佳。さらに1打差の3位タイに森田遥、イ・ミニョン(韓国)、さらに12ホールを終えて7つスコアを伸ばしている鈴木愛もトータル8アンダー・3位タイとして、4週連続優勝に向けて一気にジャンプアップしている。

河本結、勝みなみ、高橋彩華がトータル7アンダーの6位タイ。渋野日向子、申ジエ(韓国)らがトータル6アンダーの9位タイで追いかける展開となっている。

シード権争いも激化しており、藤本麻子、木戸愛、香妻琴乃ら、シード落ちの危機にいる選手は下位に低迷している。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!