渋野日向子ホールアウトから優勝までの“不思議な”1時間30分【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

デサントレディース東海クラシック

  • 期間:2019年09月20日-09月22日、
  • 場所:新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)

渋野日向子ホールアウトから優勝までの“不思議な”1時間30分【記者の目】

2019年09月24日07時30分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 渋野日向子 -13
2 申ジエ -11
  テレサ・ルー -11
  李知姫 -11
  濱田茉優 -11
  上田桃子 -11
7 イ・ミニョン -10
  野澤真央 -10
9 鈴木愛 -9
  三ヶ島かな -9

順位の続きを見る

優勝が決まった瞬間の晴れやかなシブコスマイル

優勝が決まった瞬間の晴れやかなシブコスマイル(撮影:村上航)

渋野日向子による8打差逆転Vで幕を閉じた、先週の「デサントレディース東海クラシック」。あまりにも劇的な展開が、見る者を試合へくぎ付けにした。特に息をのんで見守ったのが、渋野ホールアウトから優勝が決定するまでの“1時間30分”だった。ここには、優勝を目指す選手それぞれの悲喜こもごもがあった。

待っているあいだ、シブコは何を手にした?【写真】

大会2日目を終えトータル5アンダー・20位タイにつけていた渋野。トップの申ジエ(韓国)はトータル13アンダーと、着実に首位固めを行っていた。いくら伸ばし合いの大会といえども、この差を埋めるのは容易ではない話。しかも、先頭にいるのは“あの”ジエだ。 「(逆転は)ムリだと思っていました。最後まで悔いの残らないように攻めよう、それだけを考えていました」。“ひとつでも上の順位を”。渋野がそこに照準を絞っても、なんら不思議ではない話だ。

最終日最終組に名を連ねたのはジエのほか、2日目終了時点で10アンダー・2位のイ・ミニョン(韓国)と同9アンダー・3位タイのテレサ・ルー(台湾)という、合わせて日本ツアー45勝を挙げている海外の強豪3人。午前8時50分に、1番ティから定刻通りスタートしていった。一方の渋野は、午前7時40分に、ジエらの7組前でティオフした。

この日の渋野は好調で、特にパットがさえ渡った。チャンスで決めきれなかった前日とは打って変わって、この日は4番パー3で8mをねじ込むなどしっかりとスコアを稼いだ。「打ちたい方向にしっかりと打てていた。長いのも、強いのも、ジャストタッチのも決まってくれた。パッティングに助けられました」と本人も振り返るほど。パット数を見ても2日目の「33」に対し、最終日は「23」。その差は歴然だ。

そして15番パー5でこの日7つ目のバーディを奪い、首位のジエに並んだ。さらに16番パー3では、逆目の難しいラフから15ヤードのアプローチを直接決めるチップインバーディ。これで単独トップに立った。最終18番では6mのバーディパットがカップに蹴られたが、この時点で1打の“貯金”を持ってクラブハウスに戻ってきた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!