12試合連続予落中も…“転機の8月”再び? 丹萌乃が単独首位発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ニトリレディスゴルフトーナメント

  • 期間:2019年08月29日-09月01日、
  • 場所:小樽カントリー倶楽部(北海道)

12試合連続予落中も…“転機の8月”再び? 丹萌乃が単独首位発進

2019年08月29日18時57分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 丹萌乃 -5
2 上原美希 -3
  比嘉真美子 -3
  高橋彩華 -3
5 有村智恵 -2
  穴井詩 -2
  大江香織 -2
  鈴木愛 -2
  申ジエ -2
  アン・ソンジュ -2

順位の続きを見る

自身初の単独首位発進となった丹萌乃

自身初の単独首位発進となった丹萌乃(撮影:鈴木祥)

<ニトリレディス 初日◇29日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6650ヤード・パー72◇>

今季、自身初のレギュラーツアー本格参戦となっている丹萌乃。6月の「リゾートトラストレディス」で7位タイの好成績を収めるも、以後は12試合連続予選落ちと、シーズン中盤は苦しい戦いを強いられている。そんななか29日(木)開幕の「ニトリレディス」初日に「67」をマークして、5アンダー・単独首位発進を切った。

体調不良が心配されるも…笑顔でラウンドする渋野日向子【LIVE写真館】

同大会初出場ながら、難コースを攻略して、5バーディ・ノーボギー。ホールアウト後には「フェアウェイに4回しかいかず、ドライバーが曲がっていたので、このスコアは上出来ですね。アプローチとパットはずっと調子がいい。あとはショットでどれだけチャンスを作れるか…が課題だったなか、アイアンがすごく良かったのでスコアに繋がったと思います」と好ラウンドを振り返った。

2018年ステップ・アップ・ツアーでは年間賞金ランク3位。今季はQTランク7位でシーズンインし、リランキングも18位で突破したものの、後半戦は結果が出ない日々が続き弱気になっていた。だが…

「昨日、親と電話したときに“去年のプロテストを落ちた時のことを思いだしなさい”と言われて…どうせ曲がるんだったらと怖がらずに打って、思い切って回ることができた。気持ちを切らさずにいけましたね」

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢6人が出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!