二桁アンダーふたりの意外な関係 G・ウッドランドとJ・ローズが神がかりパットで応戦 | ALBA.Netのゴルフニュース

U.S. Open Championship 2019 June 10 Thu - 16 Sun

2019年6月10日-6月16日 ペブルビーチ・ゴルフリンクス(カリフォルニア)

二桁アンダーふたりの意外な関係 G・ウッドランドとJ・ローズが神がかりパットで応戦

2019年06月16日16時06分

ホールアウト後、ウッドランド(左)とがっちり握手を交わしたローズ

 

ホールアウト後、ウッドランド(左)とがっちり握手を交わしたローズ(撮影:岩本芳弘)

全米オープン 3日目◇15日◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇7075ヤード・パー71>

ともにスコアを伸ばしたゲーリー・ウッドランド(米国)とジャスティン・ローズ(イングランド)。それぞれトータル11アンダーと10アンダー。後続はトータル7アンダーで、「全米オープン」はふたりのデッドヒートの予感が漂う。

松山の背後に…美しく広がる白浜【写真】

ラウンド序盤は大きく動くことなく後半に入ったふたり。ここから、スーパープレーの応酬となった。といっても、ビッグドライブにベタピンバーディというわけもなく、硬さと速さを増していったコースで耐える展開。取りこぼしをいかになくすかというグリーン回りでの勝負だ。中でも“神パット”連発には集まった大勢のギャラリーも大声援を送った。

12番パー3では、「完璧なショットだったけど、突風に持って行かれた」と、ウッドランドのティショットはグリーン手前の「考えられる最悪の場所」に落下。足場はバンカー内で、腰ほどの高さのラフに止まったライはシャンクを引き起こし、ボールは傾斜のあるグリーン右奥のカラーへ。そこからのアプローチがなんとカップイン。大きくコブシを握った。

ティショットをミスした14番パー5では、約12mのパーパットをねじ込んだ。その後はバーディパットこそ外し、耐えての後半1アンダー。リードを守り、初のメジャータイトルへと前進した。

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ワークデイ・チャリティ・オープン」速報
米国男子ツアー「ワークデイ・チャリティ・オープン」リーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!