女子プロに広まるか!?骨髄バンク応援の輪【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

女子プロに広まるか!?骨髄バンク応援の輪【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

2019年04月23日18時28分

中溝裕子のキャップにつけられたバッジ

 

中溝裕子のキャップにつけられたバッジ(撮影:ALBA)

プロスポーツによる社会貢献が、日本でも求められるようになって久しい。米ツアーでは、男女ともにツアー競技それぞれが、当たり前のように決まったチャリティ先を持っている。今年はいくら寄付金を集めることができたのか。それを公にすることでPRもする。選手個人がチャリティイベントを主催したり、スポンサーとともに活動をするのも当たり前。これに比べると、日本はずいぶん遅れを取っているが、それでも少しずつ、その傾向は増えている。

バッジはこんな感じです【写真】

目立つのは、東日本大震災をはじめとする天災に対するチャリティ活動だが、最近、骨髄バンクについて知ってもらおうという活動についてプロ仲間の協力を求めているのが、中溝裕子だ。

プロとしてツアーでプレーし「さあ、これから」という3年目のこと。1991年に10万人にひとりといわれる難病骨髄異型性症候群と診断された。それでも輸血を受けながら試合に出続けていたが、やがて限界を迎え、妹から骨髄移植を受けた経験を持っている。移植後も拒絶反応で3年間、食事を摂ることができず、点滴のみで生活。血液型もAB型からB型に変わるという壮絶な日々を乗り越えたプロゴルファーだ。

闘病生活を経て、ゴルフはあまりできなくなったが「クラブの代わりに筆を持つ」と、自分をポジティブにしてくれた笑手紙(えてがみ)を広めることで周囲を幸せにしている。自らがドナーを得て生き延びた経験をもとに、日本骨髄バンク評議員として啓蒙活動に奔走。その傍ら、NPO法人・食と命のおむすび結び隊代表理事として、食の大切さを伝える活動もしている。

日本水泳界のエース、池江璃花子選手が白血病にかかったことに日本中がショックを受けたのは、今年に入ってからのこと。池江選手を応援する人々の気持ちから、骨髄バンクのドナー協力者は、一気に50万人を超えた。つい先日は、もと『あみん』のシンガー・ソングライター、岡村孝子が急性白血病と診断されたことも判明している。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!