大里桃子流 “へっぴり腰”矯正の2つのポイント | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

大里桃子流 “へっぴり腰”矯正の2つのポイント

2019年03月07日19時19分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 松田鈴英 -3
2 諸見里しのぶ -2
  菊地絵理香 -2
  比嘉真美子 -2
  大里桃子 -2
6 木戸愛 -1
  原江里菜 -1
  申ジエ -1
  アン・ソンジュ -1
  山戸未夢 -1

順位の続きを見る

“へっぴり腰”を克服し今季に臨む大里桃子 目指すは2勝目だ

“へっぴり腰”を克服し今季に臨む大里桃子 目指すは2勝目だ(撮影:上山敬太)

<ダイキンオーキッドレディス 初日◇7日◇琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)◇6514ヤード・パー72>

7日(木)に開幕した「ダイキンオーキッドレディス」で、2アンダー・2位タイと好発進を決めた大里桃子。それでも「後半はバーディチャンスを何度も外してしまったので、もうちょっとスコアを出せたかな」と話すとおり、満足はしていない。逆に言えばそれだけショットが良かった裏返しでもある。

【最新スイング動画】大里桃子の2019年ドライバーショット

そのショットは、オフに取り組んだスイング調整がうまくいったことで生み出された。去年まで悩んでいたのが、ダウンスイングの際に左腰が後ろに引けてしまう、いわゆる“へっぴり腰”。特に終盤戦は疲れもあって腰のキレが悪くなり悪化。こうなると、せっかくトップで溜めたパワーがほどけてしまい、安定感も力も無くなってしまう。大里の場合は特に左へのミスが多かった。

そこで行ったのが、女子ツアーの“飛んで曲がらない”選手のスイング動画や連続写真を見ること。どうやって腰を回しているのか、腰以外の部分はどういう動きになっているのかをつぶさにチェックした。特に参考にしたのが比嘉真美子、松田鈴英、小祝さくらのスイングだという。そこで腰が引けないための2つのポイントを見つけた。

「私はインパクトの時に右足が曲がっていて、地面を蹴ることができていなかったんです。だから、右足に体重が残っていて、結果腰が引けるという悪循環でした。そこでインパクトの時に右足でしっかりと地面を蹴って、極力ヒザを伸ばすようにしました。また、改めて左の股関節にしっかりと体重を乗せるように意識しました」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!