小祝さくらが“再現性の高いスイング”をできる理由【次世代ヒロインの美スイング】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

小祝さくらが“再現性の高いスイング”をできる理由【次世代ヒロインの美スイング】

2019年02月25日12時07分

若手注目株の小祝さくら 再現性の高いスイングはどのように生まれる?

 

若手注目株の小祝さくら 再現性の高いスイングはどのように生まれる?(撮影:鈴木祥)

2019年の活躍が期待される“新星”のスイングを、日本でもわずかの米国のレッスンプロ資格TPI(Titleist Performance Institute)レベル3取得者で、現在河本結らのコーチを務める目澤秀憲氏が解説。今回は、ツアー本格参戦初年度ながら2位4度、ルーキー最高位となる賞金ランキング8位(約7500万円)でシーズンを終えた小祝さくら。

若手注目株・小祝さくらのスイングを連続写真で見る

昨季は開幕2戦連続予選落ちと、苦境からのスタートとなった小祝だが、中盤戦からその素質が開花。初優勝まであと一歩という活躍を続けた。おっとりとした性格ながら、正確なショットや、バーディ数が360個で3位と攻撃的なゴルフで、ツアーを盛り上げた。そんな小祝のドライバースイングを見た目澤氏は、まずアドレスに注目した。

「アドレス時、両肩の高さがまっすぐで、肩とクラブが90度の関係が作られています。このアドレスの形はアライメントが狂いづらく、その後のスイングでターゲットにしっかりと向くことができます。バックスイングも腰が崩れないまま、かつ無理に腕の力でクラブを上げようとしていない。この始動は素晴らしいですね」

続いてインパクトからフォロースルーにかけての動きで、目澤氏は、あるポイントを挙げた。それが目線の位置。写真を見ると、インパクト後も目線が右足のつま先を見るように残されている。

「インパクト時に体が伸び上がるのを防ぐため、頭で抑えているイメージなのかもしれません。小祝選手のスイングは、決して体が起き上がらない。体が起き上がると、どうしてもボールが右へ右へと行ってしまいます」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!