ツアープロも【飛び系ブレード】!? ヤマハ『RMX120』アイアンの真価をギア賢人はどう見る? | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

ツアープロも【飛び系ブレード】!? ヤマハ『RMX120』アイアンの真価をギア賢人はどう見る?

ツアープロが使うアイアンは、古今東西「軟鉄鍛造」が常識。ところが、これを打ち破る動きが、ヤマハから……。一体、何が起きているのか? そして、この流れに乗るべきなのか?

2019年11月11日

 

Mr.ヤマハ・藤田寛之、ガチで「軟鉄鍛造」卒業!?

この話を初めて聞いた時、「ウソだ」と疑った。Mr.技巧派、Mr.ヤマハの藤田寛之が「軟鉄鍛造アイアンの使用をやめるかも」と聞いて、誰が信じられるだろう。筆者は噂を聞いてすぐ現場に急行したが、本当に藤田寛之は軟鉄鍛造を卒業しようとしていた。いや、正確に言うなら、クロムモリブデン鋼一体鋳造の『RMX120』アイアンの使用に向け、テストを積み重ねていた。

藤田やヤマハ担当者から聞くと、現状使う軟鉄鍛造『RMX020』アイアンに不満があるわけではない。むしろ「サイズの割にやさしい」と高評価。が、藤田が求めるのはゼロベースの改革。「日々進化する世界や、周囲のライバルについていかないと。そのために、あらゆる可能性を試す」と、使い慣れた軟鉄鍛造アイアンのその先を模索していた。

フィーリング派に見えて、近年藤田はデータ主義も加速。一打ごとにトラックマンの数字を確認し「今(RMX020)より全番手7ヤード分キャリーを伸ばしたい。だけど、スピン量も減らしたくない」と、担当者に語る。当然、通常なら難しい要求だ。ロフトの立った飛び系アイアンだと、飛距離は伸びても、スピン量と打ち出し角が減って止まりづらくなるのは常識なのだ。

ところが、ヤマハは藤田の要望を実現した。「軟鉄鍛造ではなく、クロモリ一体鋳造で、ボール初速が速く、ミスに強いからです」と、同社担当は言う。言い換えると「軟鉄鍛造ではないからこそ、達成できた」と聞こえる…。

藤田寛之は5I、永井花奈は6Iに『RMX120』を投入

そんな中、藤田寛之と永井花奈が『RMX120』アイアンを実際に試合に投入した。

永井花奈 「前まで6Iと6UTで迷っていて、UTだった理由は、アイアンだと球が上がらなくて止まらなかったから。でも、練習していて7Iが上手く球が上がるようになって、この流れなら6Iでも打てるかもしれないとなりました。風の日には6Iのほうがコントロールしやすいので使い分けられたらと。『RMX120』アイアンを選んだ理由は【球が上がりやすかった】から。やさしさもあったので、このシリーズにしました」


永井は現在『RMX020』の7I〜PWを使用中。それよりも上の番手は普段6Uだったが、今回は『RMX120』の6Iを投入したのだった。
トレーリングエッジは落としていますね
藤田寛之 「テストする中で『RMX120』の5Iは飛んでいく球が目視でも速いし、球も高くて落ち所が違うなと。実際、トラックマンで7〜8ヤードキャリーが伸びていて、スピン量も『RMX020』と比べて落ちてない。曲がりも少ないし打感も柔らかいですよね」

永井がトライアル的に投入したのに対し、藤田はとても前向きで、全番手『RMX120』にする方向でテストを進めているのだとか。ただし、これらは打点の狂わないプロの話。アマチュアでも「7ヤードキャリー増、スピン量変わらず」といった藤田と同じ結果が手に入るのか? 編集者4人がテストした結果が下記だ。

アマ試打でも藤田と同結果。『120』はスピン量が多かった

スイングタイプもヘッドスピードも違うアマチュアがテスト!
下記は、練習場のボールをトラックマンで試打したテスト結果で、平均値を比較している。総距離はボールがソフトなため、本球よりも10%ほど落ちる計算となるが、同条件で打ってみた。

★編集A(持ち球ハイフェード)
RMX020  6257rpm 130.6y
RMX120  6203rpm 139.3y(020比+8.7y)
RMX118  5974rpm 137.2y

★編集B(持ち球ローフェード)
RMX020  5072rpm 125.2y
RMX120  5157rpm 139.0y(020比+13.8y)
RMX118  4806rpm 136.3y

・編集C(持ち球ハイドロー)
RMX020  7653rpm 135.0y
RMX120  6764rpm 143.3y(020比+7.7y)
RMX118  6827rpm 136.0y

★編集D(持ち球ロードロー)
RMX020  7321rpm 136.4y
RMX120  7515rpm 150.7y(020比+14.3y)
RMX118  7342rpm 141.8y

ちなみに、全て7Iで比較試打を行ったが、ロフトには当然差がある。『RMX020』はロフト34度、クロモリ一体鋳造『RMX120』と前作の軟鉄鍛造『RMX118』はロフト31度と、少し立っている。が、結果的に3度もロフトが多い『RMX020』に対し、テスター4人中3人が藤田寛之と同様に『RMX120』が同等のスピン量を記録する結果に。

また、同じロフト、長さの『RMX120』と『RMX118』だったが、軟鉄鍛造の『118』よりもクロモリ一体鋳造の『120』の方が、テスター全員が距離の出る結果に。そして、ロフトの寝た軟鉄鍛造『RMX020』より当然距離の出る結果で、藤田寛之の7y差以上を全員が記録。しかも、ロフトが少ないのに、なぜか同等以上のスピン量を記録した。この結果について、筆者はマニアックチームと議論することにした。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!