2019年からの新ルールはここが変わった!〜OB・紛失球の場合(新ローカルルールその3)〜|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > ティーイングエリア編 > 2019年からの新ルールはここが変わった

戸張捷のルール&マナー

ティーイングエリア編

質問2019年からの新ルールはここが変わった!〜OB・紛失球の場合(新ローカルルールその3)〜

【変更前】

ティショットOBになった場合】
1打罰を加えて、3打目として再度ティショットを打つ。

【セカンドショット以降がOBになった場合】
1打罰を加えて、ボールを打った場所の近くで、かつホールに近づかない場所でボールをドロップする。

ローカルルールの「前進4打」が適用される場合が多い。

(写真:2019年ゴルフ規則より)

回答【変更後】OBや紛失球となった場合は救済エリアを確定してから2罰打でドロップできる

OB紛失球になった場合、元の位置に戻って打ち直しているとプレーがすごく遅れる場合がある。

それを防ぐために、打ち直し以外の選択肢として、次のローカルルールが設定できることになった。

それは、OBとの境界を横切った地点や、紛失球となった地点の近くに救済エリアを確定し、そのエリア内でボールをドロップし、2罰打でプレーを続けるというもの。

ティショットOB紛失球の場合、ドロップしたボールを打つのは4打目となる。

【救済エリアの決め方】
1.ボールがOBの境界線を横切ったと推定される地点、ある1 いはジェネラルエリア内で紛失球となった地点を決める(A地点)
2.A地点から最も近くでホールに近づかない、2プレーしているホールのフェアウェイラフの境界線の地点を決める(B地点)
3.ホールからA地点を通る直線とその線の外側2クラブレングス紛失球の場合)、B地点を通る直線とその外側の2クラブレングスまでの、ジェネラルエリアすべてがドロップエリア

※このローカルルールは、親睦を兼ねたプライベートコンペなどエンジョイゴルフではお勧めするが、高い技量を持つプレーヤーに限定された競技会には適当ではない。
OBまたは紛失球の恐れがあるために暫定球を打っている場合には、このローカルルールは使えないので暫定球をプレーとなる。ただし暫定球OB紛失球になり、2球目の暫定球を打っていないケースでは、暫定球に対してこのローカルルールは認めらる。
※ボールがアンプレヤブルの状況にある場合や、紛失球ペナルティーエリアの中にあることが 「分かっている、または事実上確実」 である場合には、このローカルルールは選択できない。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!