球が紛失したと思われる当たりに1罰打でドロップ|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 球が紛失したと思われる当たりに1罰打でド

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問球が紛失したと思われる当たりに1罰打でドロップ

ティショットがバウンド後、林の中へ。ロストになるとは思えなかったのですが、行って見ると見当たりません。そこで、1ペナでそのあたりにドロップしてプレーを続けました。この場合、本来はどういう罰則になるのでしょうか。

回答重大な違反を伴った「誤所からのプレー」となり、競技失格に

 このケースは「誤所からのプレー」の違反であり、しかも「重大な違反」の可能性が大きいので、規定どおりの訂正を行わなければ、競技の場合は競技失格となるだろう。

 もちろん正しくは、初球が「紛失球」になったのだから、プレーヤーは1罰打を付加したうえで、ティまで戻って、第3打として打ち直さなければならない。その場合、ティアップすることはできるし、ティの範囲内であれば、どこから打ち直しをしてもかまわない。ところが、プレーヤーはこれに反し、最後にプレーした場所に戻っての打ち直しを怠った。そのため、「誤所からのプレー」をしたことになる。

「誤所からのプレー」だけなら2罰打の付加である。しかし、ここではその「誤所」がティショットの距離だけ大きく前進した位置だったので、プレーヤーにかなりの利益をもたらしたことになり、「重大な違反」と判断される。その場合は、次のティショットを行う前に、誤りを訂正し、正しくティから打ち直さなければ競技失格になる。

 なお、誤所にドロップしたボールは、プレーする前であれば無罰で拾い上げ、正しい処置をすることができる。プライベートゴルフではありがちな状況だが、ルールに則ってプレーしたいものだ。

【参考規則20-6】

【結論】
ボールをロストした場合、「このあたりにあったはず」とドロップしてプレーを続けてはならない。競技失格となってしまう。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!