ユン・チェヨンは5番で痛恨… 池に消えた“リベンジ”と“大記録” | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

センチュリー21レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2018年07月20日-07月22日、
  • 場所:瀬田ゴルフコース 西コース(滋賀県)

ユン・チェヨンは5番で痛恨… 池に消えた“リベンジ”と“大記録”

2018年07月22日17時47分

痛恨の池ポチャが響いたユン・チェヨン

痛恨の池ポチャが響いたユン・チェヨン(撮影:佐々木啓)

<センチュリー21レディス 最終日◇22日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,518ヤード・パー72)>

昨年大会では2位。「今年こそは」の気持ちで2打差3位からスタートしたユン・チェヨン(韓国)は1番、そして4番と序盤2つのパー5でスコアを順調に伸ばしていた。

【写真】8頭身美女・チェヨンの最新ドレス姿

だが、全てが変わったのは5番のティショットからだった。オナーの小祝さくらがフェアウェイど真ん中へ置いたのに対し、チェヨンのティショットは右プッシュ。ボールは大きく右に曲がり、待ち構えていたかのような池につかまった。さらにドロップしての3打目をグリーンに乗せたものの、22mのパットを2回で上がれずダブルボギー。トップの小祝との差が1打から3打に大きく開くと、その後はこれまでの好プレーが嘘のようにバーディを奪えず。トータル10アンダーの7位タイで戦いの幕を閉じた。

また、このダブルボギーで優勝を逃しただけでなく、記録も潰えた。チェヨンには連続ノーボギー(記録の残る1990年以降)の新記録がかかっていた。この日の13番までノーボギーを続ければ、申ジエ(韓国)の持っていた81ホールを抜いて記録更新となっていたが、連続73ホールで大記録樹立はならなかった。

「出だしからバーディでいい流れを作れたのですが、5番の池が…。その後のロングパットも長かったので厳しかったですね」と唇をかんだチェヨン。「調子は悪くないので、また来週頑張りたいと思います」と次戦を見据えた。(文・秋田義和)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」結果
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
松山はトップ5フィニッシュ! 「ジェネシス招待」結果
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!