【前半戦スタッツ振り返り】勝みなみの強みは…“悪い流れから立ち直る力” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

【前半戦スタッツ振り返り】勝みなみの強みは…“悪い流れから立ち直る力”

2018年06月29日07時27分

悪い流れを吹き飛ばすには笑顔が一番?

 

悪い流れを吹き飛ばすには笑顔が一番?(撮影:佐々木啓)

アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。

アマチュア時代にレギュラー優勝〜カップを掲げる15歳の勝みなみ

2018年から導入された「バウンスバック率」。ボギーかそれより悪いスコアで上がったホールの直後のホールで、バーディかそれよりいいスコアをマークする確率、のことで、バウンスバックの意味=すぐに回復する、立ち直る、を指しており、”悪い流れから立ち直る力の強い選手の指標”として、米国男子ツアーなどでは以前から採用されている。

米国ツアーではブルックス・ケプカが2016、17年と2年連続での年間1位を獲得(16年/28.77%、17年/28.10%)。90年代以降で、30%を超えた選手は、フィル・ミケルソン(94年/30.00%)、ブルース・リツキー(94年/31.78%)、ジョン・デーリー(04年/32.62%)、ダン・フォースマン(05年/30.30%)らがおり、00年のタイガー・ウッズは36.51%と驚異的な数字をたたき出している。近年では15年のジェイソン・デイ(34.44%)がウッズに次ぐ数字を記録している。

さて、国内女子ツアー前半戦のスタッツを見てみると、バウンスバック率1位はルーキーの勝みなみ(24.0876%)。バーディー数1位(189)、平均バーディー数3位(3.5660)と、“バーディを獲れる選手だけに当然?”と思うかもしれないが、ボギーを打てば必ずといっていいほど、集中力を揺さぶられるだけに、「プレー中に怒ったりもしますが、すぐに忘れてしまうタイプなんです。小さいころから、母からも“いい性格をしているね”といわれます(笑)」という切りかえの早さが、このスタッツの良さにあらわれているか。

前半終了時のバウンスバック率上位20名は以下のとおり。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「デサントL東海C」前夜祭ライブフォト
今週の女子ツアーは「デサントL東海C」。前夜祭からライブフォトを実施!
「シンハン・ドンヘ・オープン」組み合わせ
今週の男子ツアーは「シンハン・ドンヘ・オープン」。初日の組み合わせはこちら。
「デサントL東海C」大会初日の組み合わせ
「デサントL東海C」大会初日の組み合わせは こちら。
「山陽新聞レディースカップ」ライブフォト」初日組み合わせ
ステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」が今週開幕!初日の組み合わせはこちら。
谷原・宮里が出場!「BMW PGA選手権」初日組み合わせ
谷原秀人、宮里優作が出場する欧州ツアー「BMW PGA選手権」の初日組み合わせはこちら。
米男子ツアー「サンダーソンファームズ選手権」初日組み合わせ
「サンダーソンファームズ選手権」の初日組み合わせはこちら。
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!