「賞金シードを棒に振ってでも…」下川めぐみが追い求める“完璧なスイング” | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2017年11月10日-11月12日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

「賞金シードを棒に振ってでも…」下川めぐみが追い求める“完璧なスイング”

2017年11月09日17時02分

シード権を捨ててまで… 下川めぐみがスイング改造に着手(撮影:福田文平)

伊藤園レディスゴルフトーナメント 事前情報◇9日◇グレートアイランド倶楽部(6,741ヤード・パー72)>

今年も残り3試合となった国内女子ツアー。来季から制度が変わり、今季の賞金ランク51位から55位までの選手にリランキング(2018年6月下旬を予定)までの出場権が付与される“準シード”ができたとはいえ、50席の椅子を巡った熾烈な賞金シード争いは今もなお続いている。

【関連】下川めぐみが絶賛!イ・ミヒャンのスイング連続写真

そんな中、賞金ランク46位の下川めぐみは、「シードはもちろん欲しいですが…」と前置きしつつも今は違うところに視点を置いている。それはスイング改造だ。

「日本女子オープンの時の練習ラウンドで運よくイ・ミヒャン選手と回ることが出来たのですが、アメリカでバリバリ戦っている選手のスイングを間近で見たときに自分の足りないものがすごく見えてきちゃって。元々もっと上に行きたいという気持ちもあったし、あんなに飛んで曲がらないものを見せつけられたら、やるしかない。すぐに青山充コーチに相談しました。それで“じゃあやろう、と”」。背丈があまり変わらない選手が、自分とは比べ物にならない球を打っている。「賞金シードを棒に振ってでも、より良いスイングを求めよう」。決意は一瞬だった。

では、具体的に何が優れているのか。「軸がぶれないのが1つ。そして本当に無駄がありません。スイング中のどの動作のどの部位を切り取っても、1つ1つのポジショニングがちゃんとしたところに収まっているんです」。それが、下川が目指すべき「完璧なスイング」だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!