絶好調のキム・ハヌル 変わったのは“パッティング”と“下半身”【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

絶好調のキム・ハヌル 変わったのは“パッティング”と“下半身”【辻にぃ見聞】

2017年06月13日12時04分

今季絶好調のキム・ハヌルを辻村明志氏が徹底解説!

 

今季絶好調のキム・ハヌルを辻村明志氏が徹底解説!(撮影:村上航)

宮里藍の出場に沸いた「サントリーレディス」はキム・ハヌルの今季3勝目で幕を閉じた。ハヌルが「今がプロになって一番良いシーズン」とまで語るほど絶好調の理由を、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が要因を語った。

“藍ちゃんフィーバー”に沸いた4日間!大会特別フォトギャラリーはこちら

■去年と変わったのはパターと下半身
伝統と格式のある4日間大会。辻村氏も「この大会はメジャーじゃないけどみんなが狙ってくる大会。それを獲ったハヌル選手はまた1つ自信を深めたと思います」と話す。これで獲得賞金は約7,850万円に到達した。「前半戦2試合を残してこの数字。大台一番乗りは間違いはないでしょうね」と賞金女王へひた走るスマイル・クイーンは去年とどこが変わったのか。辻村氏は2点挙げる。

「1つはパッティングが良くなったことです。去年はパターで負けていた試合が何試合かありました。ですが、今年は最後のパーパット(1.5m)を見ても高い精度にあると言えます。キャディの小谷健太さんも“3パットは去年の半分もしてないと思う”と話していました」。ハヌル本人も『パターの感覚が良くなってきたからスコアをまとめられるようになりました』と話している。具体的に言うと「リズムが変わった」と解説する。

「去年までは“パチン”とパンチが入る癖がありました。ですが、今は流れるように一定のリズムで打てています。それによりイメージした強さの球を出せるようになっていますね。球の転がりも良い。何よりもリズムが良くなり成績が出たことで、自信を付けています。だから痺れるパットでも動じずに、いつものリズムで打てているのです」

もう1つがショット時の下半身。「ここまで安定していたかな、というくらい今はしっかりしています。トレーニングに重きを置いていると聞いていますが、いい意味でショット時に下半身に緊張感がありますね。下半身に上体が付いてくる理想的なスイングができています」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!