「もしかしたら…」青木瀬令奈がどうしても今週勝ちたかったワケ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ヨネックスレディスゴルフトーナメント

  • 期間:2017年06月02日-06月04日、
  • 場所:ヨネックスカントリークラブ(新潟県)

「もしかしたら…」青木瀬令奈がどうしても今週勝ちたかったワケ

2017年06月04日16時59分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 青木瀬令奈 -4
2 蛭田みな美 -2
  西山ゆかり -2
4 ぺ・ヒギョン -1
  イ・ナリ -1
  堀琴音 -1
  穴井詩 -1
  岡山絵里 -1
9 大江香織 0
  山口すず夏 0

順位の続きを見る

プロ6年目、悲願のツアー初優勝を果たした青木瀬令奈

プロ6年目、悲願のツアー初優勝を果たした青木瀬令奈(撮影:福田文平)

ヨネックスレディスゴルフトーナメント 最終日◇4日◇ヨネックスカントリークラブ(6,423ヤード・パー72)>

初日の競技が荒天で中止となり2日間競技となった「ヨネックスレディス」最終日。大混戦となった戦いを制したのは6バーディ・ノーボギーと猛チャージを見せた青木瀬令奈だった。

貴重な私服姿も!ツアー初Vの青木瀬令奈特選フォトギャラリー

これまで何度も最終日に泣いていた青木。だが、今日は4打差を追いかける展開ということもあって、明らかにこれまでとは雰囲気が違った。「今までは前日から優勝したいとかバーディを獲れるホールを想定したりしていたけど、今回もチャンスはあるかなと思っていましたがそこまではしませんでした」と前日の準備も異なれば、「風が強かったので読むことに集中していました」と変に気負いもなかった。

15番のティグランドでボードを確認し、自分がトップタイにいることが分かっても変わらない。「ここから16か17で1つ、そして18でバーディを獲れればあるかな」とは考えても、同伴競技者と話すなど笑顔もあった。「優勝争いしてても会話もあったし楽しかった。それで体が動いてくれたんだと思う」。程よい緊張で迎えた上がり3ホールは圧巻だった。16番でカラーからチップインバーディを奪うと、18番で2.5mを沈めて何度もガッツポーズ。2打差をつけてクラブハウスリーダーとなるとそのまま逃げ切った。

今大会では勝ちたい理由があった。それは来週の「サントリーレディス」で憧れの人と回るためだ。「この試合で勝ったら、もしかしたらだけど(宮里)藍さんと同じ組に入れてもらえるかもしれないかなと思って臨みました」。予選ラウンドのペアリングは主催者が決める、そのためこの試合でアピールすることが重要だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!