「納得いかない」松山英樹、予選落ち以来2度目の初日オーバーパーで54位タイ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

「納得いかない」松山英樹、予選落ち以来2度目の初日オーバーパーで54位タイ

2017年04月07日09時30分

リッキー・ファウラーとの注目ペアリングも初日は出遅れ…

 

リッキー・ファウラーとの注目ペアリングも初日は出遅れ…(撮影:上山敬太)

マスターズ 初日◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

6度目のマスターズの初日は、悔しいスタートとなった。マスターズ優勝の期待がかかる松山英樹は、1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“76”、4オーバー、首位と11打差の54位タイと出遅れた。初日オーバーパーは予選落ちした14年の”80”以来2度目となる。

業界初!大好評360度カメラでオーガスタを体感したら…

前日の予報通り、強風が吹きすさぶ中、開幕を迎えた。松山は2番(パー5)で3メートルのバーディトライをものにできなかったが、5番(パー4)で3メートルのパーパットを沈めるなど、しのぎながらも6番までパーを重ねる。

しかし、迎えた7番(パー4)で流れが変わった。ティショットを左の林に曲げると、「あそこまで飛ぶとは思わなかった」という2打目のボールは、グリーン右奥に10ヤードほどオーバー。3打目は木に当ててグリーンの反対側まで転がってエッジへ。パターで打った4打目は2.5メートルオーバーするなど、痛恨のダブルボギー。続くパー5の8番で取り返したいところだったが、3パットでボギーとして、逆に後退してしまった。14番(パー4)で3メートルのバーディパットを沈めてこの日初バーディを奪ったが、この日はこの1つだけと、盛り返す力にはならなかった。

「納得いかないですね。風は昨年も吹いていましたし、仕方ないです。その中でうまくプレーできなかった」と悔しさをにじませた。現地入りした時点では「状態が落ちている」と本調子ではなく、開幕前日も雷雨などの影響コースはクローズ。「雨で打てなかった。不安はなかった」と開幕を迎えた。「内容はそんなに悪くない」というように、この日のパーオン率は2位タイとなる77・78パーセント。チャンスを作ってもパットが決まらない1日でもあった。

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!