「良いスコア」松山英樹、大会連覇へ2位発進!石川遼は3アンダー18位タイ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

「良いスコア」松山英樹、大会連覇へ2位発進!石川遼は3アンダー18位タイ

2017年02月03日10時23分

松山英樹は6アンダーの2位タイで初日を終えた

松山英樹は6アンダーの2位タイで初日を終えた(撮影:岩本芳弘)

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇2日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」がアリゾナ州にあるTPCスコッツデールで開幕。第1ラウンドは日没によりサスペンデッドとなった。6バーディ・ノーボギーの“65”をマークした前年大会チャンピオンの松山英樹が6アンダーで暫定2位タイと大会連覇へ好スタートを決めた。石川遼も3バーディ・ノーボギーの“68”で3アンダー暫定18位タイと好位置で初日を終えている。首位は7アンダーとしたマット・クーチャー(米国)。

松山英樹のウォームアップを大公開!

松山はINから出てスタートの10番でバーディを決めると、13番、15番(いずれもパー5)でバーディ。18番もバーディとして折り返し、後半は3番(パー5)、6番とバーディを奪った。ホールアウト後は「良いスコアで回ることができて良かったと思います。(ショットは)だいぶ良くなってきているんで、あともうちょっとですね」と語った。

石川はOUTの前半を6番のバーディで1アンダーとすると、後半13番(パー5)、そして最終18番をバーディとし3アンダー。ノーボギーで回り好スタートにつなげて見せた。昨年は今大会予選落ち後に腰痛により長期離脱。復活を大ギャラリーの前でアピールしたい。

昨年松山とプレーオフで優勝を争ったリッキー・ファウラー(米国)は4アンダー9位タイ。松山と同組で今大会15年チャンピオンのブルックス・ケプカ(米国)も9位タイにつけており上位には実力者が顔をそろえている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!