「去年の僕」を讃えるJ・デイの素敵なグッドルーザーぶり【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

PGA Championship 2016 July 28 Thu - 31 Sun

2016年7月28日-7月31日 バルタスロールGC(ニュージャージー)

David Cannon/Getty Images

「去年の僕」を讃えるJ・デイの素敵なグッドルーザーぶり【舩越園子コラム】

2016年08月01日16時44分

「ジミーのプレーがあまりにも良すぎた。彼は勝者に値する」 去年の覇者は、潔く今年の勝者を讃えた

 

「ジミーのプレーがあまりにも良すぎた。彼は勝者に値する」 去年の覇者は、潔く今年の勝者を讃えた(撮影:岩本芳弘)

 2週前の全英オープンで激しい一騎打ちの末に惜敗したフィル・ミケルソンは、メジャー初優勝者となったヘンリック・ステンソンを「キミは勝者に値する」と潔く讃えた。

今大会をフォトで振り返る 
 
 あのときミケルソンは「僕自身、悔いるプレーは1つも無かった」と胸を張った。自分は最高のゴルフをしたけれど、それをさらに上回るゴルフをした選手が一人だけいたからこそ、自分は2位になったのだとミケルソンは語り、それは勝者ステンソンを讃える最高の賛辞になった。

 今季最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」の最終日は前日までの雷雨中断の影響で上位選手たちが一気に36ホールを回る不規則進行になったが、優勝争いの大詰めは、またしても2人の選手の激しい一騎打ちになり、1打差で勝利したのはジミー・ウォーカー、惜敗したのは前年覇者のジェイソン・デイだった。

「今週、僕よりいいゴルフをした選手が一人だけいた」

 そう、敗北したとはいえ、最終ラウンドのデイのプレーは見事だった。序盤こそ2ボギーを喫したものの、その後に3つのバーディを奪い返した挽回力はさすがだった。72ホール目に2番アイアンを駆使してセカンドショットをピン3メートルに付け、それを難なく沈めてイーグルを奪い取り、ウォーカーの心に揺さぶりをかけたデイの戦いぶりは、世界一の王者ならではの貫禄だった。

 「あの2アイアンのショットは、僕がこれまでパー5で2オンを狙ったショットの中で、たぶん最高の出来栄えだった。イーグルを奪うことができたのは、もちろん良かったけど、ジミーに何かを考えさせることができたのはもっと良かった。自分のプレーにはとても満足。ただ、ジミーのプレーがあまりにも良すぎた。彼は勝者に値する」

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 速報はこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」速報
松山英樹、小平智らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」速報
今平周吾と川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!