“史上最強の敗者”は勝者を祝福 ミケルソン歴代最高スコアの2位 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

THE OPEN 2016 July 14 thu - 17 sun

2016年7月14日-7月17日 ロイヤルトゥルーンCC(スコットランド)

David Cannon/Getty Images

“史上最強の敗者”は勝者を祝福 ミケルソン歴代最高スコアの2位

2016年07月18日06時54分

最高のプレーを見せたが、残念ながら優勝には手が届かなかった

 

最高のプレーを見せたが、残念ながら優勝には手が届かなかった(撮影:岩本芳弘)

全英オープン 最終日◇17日◇ロイヤルトゥルーン(7,190ヤード・パー71)>

 歴史に残る名勝負を演じ、敗れたフィル・ミケルソン(米国)は“史上最強の敗者”だった。1打のビハインドで迎えた最終日。前半4番のイーグルなどで何度もヘンリック・ステンソン(スウェーデン)に並びながら、圧倒的なパフォーマンスの前に46歳は力及ばなかった。

全英オープンの特選フォトギャラリー

 ミケルソンは満足感と悔しさが同居した表情で、18番グリーンをあとにした。「本当につらい。残念な結果だよ。ヘンリックの優勝はうれしい。いつかどこかでメジャーチャンピオンになるのはわかっていた。彼の優勝は心から嬉しいけど、それにより僕が優勝を逃さなくてはならなかったのが残念だよ」。

 1イーグル・4バーディ・ノーボギー“65”の最終ラウンドは、完璧と言ってもよかった。「たぶん、負けた大会では最高のパフォーマンス。だからたぶん、すごいガッカリしているんだと思う。あれをすればよかった、これをすればよかったという反省点がないから。メジャーの最終日にボギーなしの65。普通ならそれで優勝できるはずだけど、きょうは負けた。10個のバーディを奪取した相手に負けたんだ」。百戦錬磨のミケルソンにとっても考えられない事態が目の前で起こった。

 ミケルソンのマークした“267”ストロークは全英オープンを2位で終えた選手の中で最少スコア。ターンベリーで行われた1977年大会ではジャック・ニクラス(米国)がトム・ワトソン(米国)に最終日のデッドヒートの末に269ストロークで敗れたが、それ以来の記録更新となる。「77年のあの試合のことが頭の中をよぎったのは確かだ。あの試合のトムになりたかったけど、残念ながら叶わなかった。ジャックがどのような気持ちか分かる。ほろ苦い気持ちだ」。

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」速報
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」速報
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手の速報はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー速報
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!