初参戦・塚田陽亮は最下位に「この位置で回るのは辛いけど…」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

WGC-ブリヂストン招待

  • 期間:2016年06月30日-07月03日、
  • 場所:ファイアーストーンCC(オハイオ)

初参戦・塚田陽亮は最下位に「この位置で回るのは辛いけど…」

2016年07月02日09時16分

16オーバーの58位で2日間を終えた塚田陽亮

16オーバーの58位で2日間を終えた塚田陽亮(撮影:岩本芳弘)

WGC-ブリヂストン招待 2日目◇1日◇ファイヤーストーンカントリークラブ(7,400ヤード・パー70)>

 米ツアー初出場の塚田陽亮は初日に続き連日の“78”でトータル16オーバーでフィニッシュ。棄権した3選手を除いた最下位となる58位と厳しい洗礼を浴びている。

日本勢は軒並み苦戦 松山英樹は…

 この日は風も吹いて難しいコンディションとなったが、そのなかで1番から7番まではスコアカード通りの数字を並べる上々の立ち上がり。「今日の塚田は“違うな”と思った」。しかし、「やっぱりいつもの塚田になってしまった」。8番でボギーを叩くと、9番ではダブルボギー。「昨日と同じミスはしたくないと思っていたのに、(ティショットを)右のバンカーに入れて歯車が狂った感じ」。

 後半は12番、13番と連続ボギーのあと14番でバーディを奪うも、15番でティショットで入れたバンカーから1度で脱出できず、3打目は反対サイドのバンカーにいれるトリプルボギー。「本当にショック。生き地獄だと思った。バンカーのところ。出てこられないかと…」と肩を落とした。

 平均飛距離は310ヤードを記録するなど、パワーは海外選手と比べてもそん色はない。ただ、フェアウェイキープ(28.57%)、パーオン率(36.11%)と飛距離と精度を両立させるのがやはり課題と言えそう。気まぐれなコロがりをするポアナ芝にも苦しんだグリーン上も海外ツアーへの慣れを必要とするポイントだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!