PGAツアー初挑戦の片岡大育、堂々6位Tで最終日へ!「日本に居る感覚でできたのが良かった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

PGAツアー初挑戦の片岡大育、堂々6位Tで最終日へ!「日本に居る感覚でできたのが良かった」

2016年01月17日15時58分

PGAツアー初挑戦の片岡が5打差6位Tで最終日へ!

PGAツアー初挑戦の片岡が5打差6位Tで最終日へ!(撮影:米山聡明)

ソニー・オープン・イン・ハワイ 3日目◇16日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

 「アメリカに居るというよりは日本に居る感覚でできたのが良かった」と、試合後に笑顔で語った片岡大育。片岡にとって今回の『ソニー・オープン・イン・ハワイ』がPGAツアー初出場だったが、予選突破だけでなく3日目7バーディ・1ボギーの“64”でトータル11アンダーに伸ばし6位タイに浮上、トップ10内で最終日に駒を進めた。

初出場の片岡大育、ショットの精度で日本勢最高位

 この日、INからスタートした片岡は出だしの10番でバーディ発進を決める。続く11番で3パットを叩きボギーとしたが、今日のボギーはこの1つのみ。13番では「完璧でしたね」と自画自賛したように残り235ヤードのセカンドを1メートル以内にピタリ。楽々バーディを奪い1つ伸ばした。その後スコアを伸ばせなかったが6アンダーのまま折り返す。

 「ピンチというピンチはなかった」という後半では、ショットがさらに冴えてチャンスを量産。1番5メートル、2番1.5メートル、4番1メートル、5番3.5メートルのピン側につけて怒涛のバーディラッシュ。そして最終9番パー5では2オンに成功。7メートルのイーグルパットは外したがバーディで締めて11アンダーでフィニッシュ。首位と5打差で3日目を終えた。

 今週、片岡はショットが好調でフェアウェイの狭いワイアラエCCでも3日間通してフェアウェイキープ率80パーセントオーバー、選手全体の2位としている。本人も「ショットがずっとこの3日間いいので、パットがかみ合えば好成績が出せるなという自信はあった」と振り返る。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!