松山英樹、ダボフィニッシュも14位 カート道ショットも披露 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

WGC-ブリヂストン招待

  • 期間:2015年08月06日-08月09日、
  • 場所:ファイアーストーンCC(オハイオ)

松山英樹、ダボフィニッシュも14位 カート道ショットも披露

2015年08月07日09時13分

18番はこの難しいライからセカンド

18番はこの難しいライからセカンド(撮影:福田文平)

WGC-ブリヂストン招待 初日◇6日◇ファイヤーストーンカントリークラブ(7,400ヤード・パー70)>

 世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-ブリヂストン招待」がオハイオ州にあるファイヤーストーンCCで開幕した。今大会も優勝候補の一角として大きな注目を集めてスタートした松山英樹は5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“69”でフィニッシュ。1アンダー14位タイで初日を滑り出した。

カート道の上からショット準備に入る松山英樹

 OUTコースから出た松山は、1番で約144ヤードのセカンドを2メートルにつけてバーディ発進。その後はボギーとバーディを2つずつ重ねて前半を終えると、12番で約7メートルを沈めて2アンダーとした。さらに、14番ではカート道からのセカンドをグリーン奥に外すも約10ヤードのアプローチを直接放り込んでチップインバーディ。米公式サイトでも“ブリリアント”と賞賛されたショットで一時は3アンダーまでスコアを伸ばした。

 しかし、最終ホールでトラブル。ティショットを右のラフに入れると、木の枝がかかる難しいライ。セカンドはわずか7ヤードほど出すだけで再び右のラフに落ちた。3打目もグリーン奥に外すとそこからのアプローチも寄らず入らずのダブルボギーフィニッシュで1アンダーにスコアを落とした。

 この日はパーオン率が44.44%で全体の平均を下回りやや攻めあぐねた感もあるが、それでも首位とは4打差は上々のポジション。悔しいフィニッシュはまだまだ取り返すことができる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!