ザック・ジョンソン「言葉にならない」 2つ目のメジャーに歓喜 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

全英オープン

  • 期間:2015年07月16日-07月19日、
  • 場所:セントアンドリュース オールドC(スコットランド)

ザック・ジョンソン「言葉にならない」 2つ目のメジャーに歓喜

2015年07月21日09時38分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 Z・ジョンソン -15
2 M・リーシュマン -15
  L・ウーストハウゼン -15
4 J・デイ -14
  J・スピース -14
6 S・ガルシア -11
  ジョーダン・ニーブルギー -11
  J・ローズ -11
  D・ウィレット -11
10 B・ケプカ -10

順位の続きを見る

見事栄冠に輝いたザック、奥さんと熱いキス!(撮影・岩本芳弘)

見事栄冠に輝いたザック、奥さんと熱いキス!(撮影・岩本芳弘)

全英オープン 最終ラウンド◇20日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>

 スコットランドにある、セントアンドリュース・オールドコースを舞台に行われた、144回目の「全英オープン」は3つ巴のプレーオフの末ザック・ジョンソン(米国)が制した。聖地連勝を狙った2010年覇者ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)と全英の規定による4ホール(1番、2番。17番、18番)のプレーオフを戦ったジョンソンは4ホールを1アンダーで回り、2007年の「マスターズ」以来2つ目のメジャータイトルを手にした。

大雨あり強風ありの全英オープンを写真で振り返る!

 トータル9アンダーからスタートした正規のラウンドでは序盤から猛ラッシュをかけた。
2番のバーディを皮切りに12番までで7つのバーディを量産。難所の続く終盤は13番でボギー。さらに17番もボギーとし一歩後退したものの、最終18番では値千金のバーディを奪って、かみしめるようにしゃがみ込みながらガッツポーズを繰り出しクラブハウスリーダーとなった。

 迎えたプレーオフ。「1番と2番は、絶対に取らなくてはいけないと考えていた」。1番、2番と決してやさしくないバーディパットをねじ込みプラン通りゲームをリード。「自分の最高のチャンスを作ることを心掛けた。他の2人はトップクラスの選手だから」。17番はボギーとしたものの、慌てない。18番はバーディは逃したもののパーで上がり、見事に逃げ切って見せた。

 2007年に「マスターズ」を勝って以降、2011年を除くすべての年度で勝利を挙げ続けてきたが、メジャータイトルには届かずに悔しい思いも抱えてきた。一言ずつかみしめるようにジョンソンは言う。「長かった。言葉にならない。全英オープン優勝できるなんて、夢がかなった。ギャラリーも素晴らしかった。ありがとう。キャディのダミアンそして私のワイフ、キムにも感謝したい。愛している」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!