孔明、またも日本タイトルに届かず…「自分の責任」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

  • 期間:2014年06月05日-06月08日、
  • 場所:ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(兵庫県)

孔明、またも日本タイトルに届かず…「自分の責任」

2014年06月08日18時46分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 手嶋多一 -9
2 李京勲 -8
  小田孔明 -8
4 張棟圭 -5
5 金亨泰 -4
  宮里優作 -4
7 宮本勝昌 -3
  谷口徹 -3
9 藤本佳則 -1
  K・T・ゴン -1

順位の続きを見る

16番はショートパットがカップにけられる

16番はショートパットがカップにけられる(撮影:岩本芳弘)

日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 最終日◇8日◇ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(7,233ヤード・パー72)>

 またも日本タイトルには届かなかった。首位と1打差の2位タイからスタートした小田孔明は5バーディ・4ボギーの“71”でスコアを1つ伸ばすも、手嶋多一との1打を詰めきることが出来ず2位タイのまま最終日を終えた。

悲願の日本タイトルへ“バースデーチャージ”!小田孔明が1差2位タイに浮上

 中盤までは完全に小田のペース。前半は手嶋にリードを許したものの、10番のバーディでとらえると11番、12番と連続バーディを奪って一気にトーナメントリーダーとなった。だが、「関西オープン」で自身初めて完結させた“逆転優勝への兵法”を完結させることはできなかった。

 難関の14番をボギーとすると、手嶋がバーディで10アンダーに並んで終盤へ。しかし、「終盤はへばった」と語った45歳ベテランが粘りを見せる中、小田は15番、16番を連続ボギーとして失速。目の前で手嶋の優勝を見届けると「12番までは最高のゴルフをしていたのに、そこから勝てないのは自分の責任。しかしメジャーで勝てないな…」と肩を落とした。

 昨年の「日本オープン」では、2位に3打差をつけて単独首位で最終日を迎えながら失速して日本タイトルを逃し涙にくれた。そして、今年の初メジャーでも絶好の位置からV逸。「ツアー選手権でリベンジしたい」。この男にもう2位はいらない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!