51ホール連続ボギーなし継続中の渋野日向子、“直ドラ”がもたらした良い“副産物”【石井忍に聞く】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

ロッテ選手権

  • 期間:2022年04月13日-04月16日、
  • 場所:ホアカレイCC(ハワイ州)

51ホール連続ボギーなし継続中の渋野日向子、“直ドラ”がもたらした良い“副産物”【石井忍に聞く】

2022年04月18日11時50分

渋野日向子が今大会で何度も披露した“直ドラ”

渋野日向子が今大会で何度も披露した“直ドラ”(撮影:ALBA)

ロッテ選手権」で、米国女子ツアーでは19年の「全英AIG女子オープン」優勝に次ぐ2位でフィニッシュした渋野日向子。実は10番スタートだった2日目の12番ホールでボギーを記録してから、最終日の最終ホールまで、51ホール連続ボギーなしを継続している。畑岡奈紗がカットラインに5打届かず予選落ちし、古江彩佳が3日目にプロ転向後ワーストの「78」を叩いた強風が吹く難コースで、なぜ安定したゴルフを展開できたのか。WOWOWで中継の解説を務め、渋野のほぼ全ショットを見届けたプロコーチの石井忍に聞いてみよう。

渋野日向子のフラットなトップは「どこからでも切り返せる」【スイング解説】

「ざっくりと言ってしまえばショットが良かった。特にクラブを下ろしてくるポジションが良かったですよね」と石井はいう。具体的にはどういうことなのか。

「アウトサイドから来すぎたり、インサイドから来すぎたりして、クラブの下ろしてくるポジションが悪いと、インパクトでアジャストする動作が必要になってきます。それが今回は極めて少なかったですよね。自分の下ろしたいプレーンにクラブを下ろせていました」

グリーンを狙うショットを打つとき、いつも番手ピッタリの距離が残るわけではない。大きいクラブで軽く打つか、小さいクラブでしっかり打つかを選択する必要がある。プレーンが安定してことでクラブが暴れず「距離に隙がなかった」と石井はいう。「渋野さんはビットウィーンの距離になったときでも、まったく苦にしていなかったですよね。残り150ヤードで6Uと6Iで迷っているシーンでも、6Uで軽く打ってライン出しができていた」。

そして石井は、下ろしてくるポジションをよくなったポイントして「軸が右に倒れないこと」を挙げる。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!