金谷拓実が感じた『賞金王』への違和感 「“挑戦”とは後ろのトビラを閉めること」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

金谷拓実が感じた『賞金王』への違和感 「“挑戦”とは後ろのトビラを閉めること」

2022年01月11日12時00分

金谷拓実が語る海外進出の意味

 

金谷拓実が語る海外進出の意味(撮影:福田文平)

1年半前までアマチュアだった青年は、一昨年の10月にプロ転向すると「前年最終週の世界ゴルフランキング50位以内」の資格で今年の「マスターズ」出場を決めた。この2022年に24歳の年男となる金谷拓実である。そんな金谷がハワイで行われる米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」で新年初戦を迎える。20年と21年が統合されたロングシーズンの振り返りと、今季にかける意気込みを改めて金谷に聞いた。

金谷拓実のドライバースイング【連続写真】

■昨シーズンは賞金ランキング2位も、最初の目標は達成できず

金谷の昨年末時点での世界ランキングは50位。ギリギリ滑り込んでマスターズの切符を手にした。これ以上ないくらい順調に思えるプロ生活のスタートに思えるが、金谷のなかでは悔しさが残っていた。

「最初はやっぱり海外の試合で結果を出して、ツアーカード(出場権)を獲ってというのをイメージしていました。最後のほうは『賞金王は?』とよく聞かれましたけど、目標を切り替えるのが難しかったですね」

昨年、金谷が出場した海外メジャー、「全米プロゴルフ選手権」、「全英オープン」はともに予選落ち。その2試合を除く、欧州男子ツアーには4試合に出場して予選落ちはなく、「オメガ・ドバイデザートクラシック」では9位タイ。米国男子ツアーには3試合に出場して予選落ち2回、日本開催の「ZOZOチャンピオンシップ」では7位タイと気を吐いた。しかし、金谷が一番の目標としていた海外ツアーの出場権には手が届かなかったのだ。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!