中止が相次いだからこそ出会えた縁 吉本ひかるは松山英樹のトレーナーからの教えを実践中【プロは今何してる?】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

中止が相次いだからこそ出会えた縁 吉本ひかるは松山英樹のトレーナーからの教えを実践中【プロは今何してる?】

2020年05月25日12時00分

シーズン開幕を待ちわびている吉本ひかる

 

シーズン開幕を待ちわびている吉本ひかる

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内ツアーは男女ともにいまだ開幕の見通しが立っていない。そんななか、プレーする場を失っている選手たちも、様々な思いを抱えながら今を過ごしている。今回は、昨年初シードを獲得した吉本ひかる。

松山英樹のトレーナー直伝! 吉本ひかるの股関節ストレッチ【#stayhome動画】

昨年4月には2週連続の2位、最終戦の「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」出場と飛躍の1年を経て、初優勝が期待される選手の1人となった吉本は、拠点を中心に練習やトレーニングなどを行いながら先の見えない開幕を待っている。

3月から大会の中止が相次いだときは、気持ちの整理が難しかったという。「いつ始まるか分からない状況で、どこにモチベーションを持っていっていいのか分かりませんでした。開幕に向けて頑張ろうと調整していたぶん、落差が大きかったですね。シード権はどうなるんだろう…、という気持ちもあって」。昨年、好成績を収めた大会は春先のものが多かった。そういった部分も重なり、不安も少なくなかった。

転機が訪れたのは4月に入ってから。コーチである中島敏雅氏の関係で、松山英樹のトレーナー、飯田光輝氏に会う機会に恵まれたのだ。「トレーニングもちょっと見てもらって、スイングでもっと股関節を使えるようなストレッチやトレーニング方法を教わりました。取り入れるようになって、下半身が使えるようになって手打ちが解消されて、スイングにキレが出てきました。出球が強くなった気がしますし、安定感も増しました」。

この出会いは、技術面以外にもいい効果をもたらした。「試合がなくて目標がないなかで、ダラダラしてしまった部分もあったのですが、試合以外の目標というか取り組みができたことでモチベーションも出てきましたし、練習量も増えました」。見失いかけていた前向きさを取り戻した。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間一覧はこちら。
「富士通レディース」 撮れたてLIVEフォトはこちら
国内女子ツアー「富士通レディース」。現地から女子プロの戦いを生配信!
米国男子ツアーのリーダーボード
米国男子ツアー「ザ・CJカップ@シャドークリーク」のリーダーボードはこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!