松山英樹、マキロイらが使うSIM MAX レスキュー イコール女子プロには合わない?【2020年女子ツアー気になるギア】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

松山英樹、マキロイらが使うSIM MAX レスキュー イコール女子プロには合わない?【2020年女子ツアー気になるギア】

2020年03月26日18時00分

松山英樹も使っています

 

松山英樹も使っています(撮影:GettyImages)

開幕の見通しがなかなか立たない国内女子ツアー。“女子プロ”ロスが続く状況ではありますが、逆にいえば今こそ開幕前に矢継ぎ早になだれ込んだギア情報を洗い直すときだ!ということで、気になるギア情報や動向をプロコーチ&クラブフィッターの筒康博氏に予想してもらった。

音がヤバい! 松山英樹の4番アイアン【スイング動画】

今回はテーラーメイドから出た新モデル『SIM MAX』のレスキューについて。海の向こうで松山英樹、ローリー・マキロイ(北アイルランド)ら、これまでユーティリティを使用していなかった選手がこぞって使っているが、逆にいえば女子プロは使えないスペックなのでは?

――

PGAツアーのハードヒッターたちの使用状況を見る限り、「難しい」や「ボールが上がらない」というイメージを持つ人もいるかもしれないですね。彼らのような“化け物”たちが使うクラブは女子プロに合わないかもしれない、もっといえば我々アマチュアには…、と考える人も少なくないと思います。ですが、そんなことはまったくありません。

私はユーティリティには大きく分けて2つの役割があると考えています。1つは、ミドルアイアンの代わりを簡単にする役割。もう1つは、ショートウッドでは高さやスピンが増えすぎるのを抑える役割です。『SIM MAX レスキュー』の性能としては、無駄なスピンを抑えて高さと飛距離に変えるモデル。松山選手やマキロイ選手のように様々なライから強い弾道のショットを打つのに適しています。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のリーダーボード
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のリーダーボードはこちら。
上原彩子が出場 米女子ツアーのリーダーボード
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」のリーダーボードはこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!