予選通過率9割超は渋野日向子ら4人 予選落ち1回のみは上田桃子と岡山絵里【まるごと女子ツアー:19年予選通過率】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

予選通過率9割超は渋野日向子ら4人 予選落ち1回のみは上田桃子と岡山絵里【まるごと女子ツアー:19年予選通過率】

2020年02月17日07時00分

上田桃子は昨年の予選落ちがわずか1回

 

上田桃子は昨年の予選落ちがわずか1回(撮影:村上航)

国内女子ツアー開幕まで3週間。今年も「ダイキンオーキッドレディス」から37試合が行われる。通年の出場権を持つ賞金シード選手は50人。さらに前半戦の出場権を持つ選手は昨年の賞金ランキング51〜55位の選手やステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング1、2位など。そのほか、QT上位者も前半戦出場権を保持。そんなツアーの主力選手94人のデータをとことんチェック。2019年の予選通過率を見ると…。

渋野日向子のパッティングを激写【解説付き連続写真】

昨年1年間の予選通過率を調べてみると、安定感が見えてくる。「TOTOジャパンクラシック」と「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は予選落ちがないものの、これも予選通過と見なせば、年間20試合以上の出場で最も予選通過率が高かったのは岡山絵里。32試合出場で予選落ちはわずか1回。予選通過率は96.88%と高い数字を残した。

上田桃子も29試合出場で予選落ち1回。予選通過率は岡山に次ぐ96.55%だった。上田は2勝しており賞金ランキングも9位。対して岡山は、勝利はなかったものの同12位。年間通して高値安定だったといえる。

年間4勝に加え「全英AIG女子オープン」を制するなど一躍トップスターとなった渋野日向子は31試合出場で予選落ちは3回、通過率は90.32%だった。予選落ちのうち2回はデビュー間もない3月。4月の「KKT杯バンテリンレディス」では初日最下位から予選通過を果たすなど、勝負強さを発揮した。

もう一人予選通過率が9割を超えたのは通過率90%のペ・ソンウ(韓国)。日本ツアー初参戦の1年目は30試合に出場して予選落ちはわずかに3回。最終戦のリコーカップを含む2勝をマークするなど、質力を見せつけた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!