史上初の平均ストローク60台でも賞金女王に届かず “最終日の女王”が苦しんだもの【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

  • 期間:2019年11月28日-12月01日、
  • 場所:宮崎カントリークラブ(宮崎県)

史上初の平均ストローク60台でも賞金女王に届かず “最終日の女王”が苦しんだもの【記者の目】

2019年12月03日07時01分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 ペ・ソンウ -11
2 渋野日向子 -7
  古江彩佳 -7
4 河本結 -6
5 イ・ボミ -5
  鈴木愛 -5
7 岡山絵里 -4
  ぺ・ヒギョン -4
  申ジエ -4
10 吉本ひかる -3

順位の続きを見る

またしても届かなかった賞金女王 来年こそは

またしても届かなかった賞金女王 来年こそは(撮影:村上航)

日本ツアーに本格参戦して6年目。申ジエ(韓国)は初年度からの悲願だった賞金女王をまたしても逃した。「米ツアーに挑戦するときに10カ年の目標を立てて行きましたが、4年でほとんど達成してしまった。その後生活のために惰性でやっている時期があった」とまで豪語した実力者が、である。

天才が描く芸術作品 申ジエのアプローチ【連続写真付き解説】

終盤のビッグトーナメント「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」を終えて、賞金ランキング1位のジエと2位の渋野日向子との差は約824万円。鈴木愛に至っては賞金ランキング4位で約3817万円ものリードを保っていた。残り5試合、そのうち4試合で優勝経験があることからも盤石なものと思われていた。

だが、そこから鈴木愛は3連勝と2位、渋野も3試合で優勝と13位タイ(予選落ち1回)。ジエも4試合で2位、8位など上位フィニッシュを決めたが優勝はなく、最終戦を迎えたときには鈴木には抜かれ、渋野との差もほとんどなくなっていた。

追いかけられるジエが憔悴しきっているのは明らかだった。残り5試合となって3試合で最終日最終組に入りながら1つも勝てず。さらには負けたのは、女王争いのライバルたちだ。この終盤にきて3試合で優勝争いを繰り広げるだけでもすごい、なんて表現はジエに対して失礼だろう。

「大王製紙エリエールレディス」で渋野日向子が優勝、鈴木愛が2位に入りながら自身は終盤の連続ダボでトップ10入りを逃した際には、取材に応じることすらできなくなっていた。「気持ちを整理するために時間をください」と話したが、結局報道陣の前に立つことはできず、「きょうのことは忘れて、また頑張ります」の一言を残してクラブハウスを後にした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!