ツアー史上初の4連勝に暗雲 鈴木愛は前週と真逆の状況に「集中力がなかった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

大王製紙エリエールレディスオープン

  • 期間:2019年11月21日-11月24日、
  • 場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)

ツアー史上初の4連勝に暗雲 鈴木愛は前週と真逆の状況に「集中力がなかった」

2019年11月21日18時39分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 森田遥 -7
2 申ジエ -5
  渋野日向子 -5
  高橋彩華 -5
  ペ・ソンウ -5
6 比嘉真美子 -4
  エイミー・コガ -4
  勝みなみ -4
  蛭田みな美 -4
  河本結 -4

順位の続きを見る

鈴木愛は快挙達成へ暗雲

鈴木愛は快挙達成へ暗雲(撮影:鈴木祥)

大王製紙エリエールレディスオープン 初日◇21日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>

ツアー史上初となる4週連続優勝に暗雲が立ちこめている。「大王製紙エリエールレディス」初日、偉業を狙う鈴木愛は5バーディ・4ボギーの「71」。1アンダーの36位タイとやや出遅れた。

黄金世代がわちゃわちゃ 楽しそうなシブコ&勝みなみ&小祝さくら【写真】

成績以上に心配なのはゴルフの状態。「1日中ドタバタしました。ボギーの内容が“これは仕方ない”というのが1つもなくて、もったいないというボギーしかなかった」とちぐはぐ。体調面は問題ないが「集中力があまりなかったですね」と話した。

「久しぶりにこんなにうまくいかなかったです」と続ける。この日の最高気温は15.3度。とはいえ、ダウンジャケットを着ている選手も多く、日陰に入れば手がかじかむほど。「めっちゃ寒かったです。朝はあまり飛ばなくて番手選びなどアジャストが難しかった。パッティングのフィーリングもなかなかでなかった。だんだん良くなってきたところで流れに乗れなかった」と上がらない気温にも苦しめられた。

前週は賞金女王争いを繰り広げる申ジエ(韓国)とともに好スタート。そして優勝へとつなげた。一方で同じく女王争いのライバルである渋野日向子は出遅れから予選落ちを喫した。今回は真逆。ジエと渋野はともに首位と2打差の5アンダー・2位タイにつけているのである。

ここから追いつくためには調整が急務。「パターはいいので、(悪いのは)アイアンだけかなと思います。ドライバーもそこまで悪くない」。今大会は4日間大会。まだ3日間残されている。課題は明確。ポイントを絞ったチューニングでここから浮上を狙う。(文・秋田義和)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!